ホンダシビック タイプRに初のワゴンモデルが追加? 最新予想CGを入手

■ルーフラインは水平に近く、3番目のサイドウィンドウはワゴンのため拡大

ホンダが7月にワールドプレミアした「シビック タイプR」新型の派生モデルとなる、「シビック ワゴンタイプR」を予想する最新CGを入手しました。

ホンダ シビック タイプR_001
ホンダ シビック ワゴン タイプR 予想CG

1997年にシビックタイプRが導入されて以来、2007年に日本市場専売だった「セダン」を除いて、赤いバッジのパフォーマンスモデルは常に3ドア/5ドアのハッチバックを提供しており、ワゴンはこれまで存在していません。

最新の第11世代のホンダ シビックは、5ドハッチバックと4ドアセダンのバリエーションでのみ利用でき、パフォーマンス重視のタイプRはハッチバックのみで提供されています。

ホンダ シビック タイプR_004
ホンダ シビック ワゴン タイプR 予想CG

ワゴンタイプRの予想CGは以前にも公開しましたが、今回はデジタルアーティスト「sugardesign_1」から提供された最新CGであり、よりリアルに描かれています。

CGではベースとなるシビックワゴンがないため、シビックのリアエンドを一新する作業からはじめられたようです。

アグレッシブなバンパーと幅広のフェンダーを備えたフロントエンド、および大部分はハッチバックから引き継がれ、ホイールベースは同じです。ただし、ルーフラインは水平に近くなり、3番目のウィンドウはワゴンの外観のために拡大されています。

後部は連結されたLEDテールライトや、三連排気管を備えたバンパーもハッチバックと共有していますが、テールゲート上部はリヤウインドウシールドの傾きが少ないなど違いがみられます。

また、タイプRの特徴的な要素であるリアウィングは、サイズを縮小しながらルーフに移動されていることがわかります。

パワートレインは、セダン同様2.0リットル4気筒ターボエンジンを刷新、最高出力330ps・最大トルク420Nmが期待できるでしょう。

ベースとなるシビックは欧州でも9代目までステーションワゴンが設定されており、将来ワゴンタイプRが発売が期待できるかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?