VW「ティグアン」改良型、トゥアレグを従えアルプスを走る【動画】

■ブレーキやシャーシを確かめるようにそろりそろりと走行

フォルクスワーゲン(VW)が開発をスタートさせた、コンパクトクロスオーバーSUV「ティグアン」次期型プロトタイプの実車走行を、ビデオが初めて捉えました。

VW ティグアン_005
VW ティグアン 次世代型プロトタイプ

初代ティグアンは2008年に登場。2011年の大幅改良を経て、2016年に現行型となる第2世代へバトンタッチ、MQBプラットフォームが採用されました。

2020年にはエクステリアデザインの刷新や、「eハイブリッドPHEV」の追加など大幅改良がなされ、中国限定の派生クーペボディも追加されています。

VW ティグアン_003
VW ティグアン 次世代型プロトタイプ

オーストリア・アルプスのワインディング・ロードで撮影されたプロトタイプは、兄貴分トゥアレグを後ろに伴っています。テスト走行では、上り坂で故意にアクセルを踏み込むこともありがちですが、このテストはブレーキやシャーシを確かめるようにそろりそろりと走行する様子が映されています。

プロトタイプはまだまだ開発初期段階で、ヘッドライトやグリルにダミーステッカーを貼りデザインを隠しています。しかし、現行型と比較すると、全高はかなり低く抑えられていることがわかります。

フロントノーズはより高く垂直になっており、驚くほど広いエアインテークが見てとれますが、これは最終デザインではないと思われます。側面ではより丸みを帯びたラインと、膨らんだホイールアーチを特徴とし、より力強さを感じます。

次期型ではEV向けの「MEB」ではなく「MQB Evo」プラットフォームの進化系を採用することで、多彩なパワートレインに対応すると見られます。エントリーレベルに、マイルドハイブリッドのパワートレインを搭載。主力モデルにプラグインハイブリッドを配置し、上位モデルにフルエレクトリックモデルがラインアップされると予想されます。

VWは、MEBベースのエレクトリックモデルのラインアップ拡大を図っていますが、ポロ、ゴルフ、T-Roc、ティグアンなどのコアモデルを、可能な限り更新し続ける可能性があるといいます。EVのみのラインナップになる前に、少なくともあと1世代は存続すると言っていいでしょう。

キャビン内では、完全にデジタル化されたコクピットと高度なヘッドアップディスプレイに加えて最新ADASと安全機能を備え、テクノロジーに焦点を当てたダッシュボードで大きな変化が予想されています。

ティグアン次期型のワールドプレミアは2024年内と予想され、フルエレクトリックバージョンは2020年代後半に登場が期待されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?