ポルシェ「911GT3」改良型、エクステリアはより過激に!キャビン内はフルデジタル化

■リアバンパーの両サイドに、縦基調の大型エアアウトレットが追加

ポルシェは先日、911ファミリーの頂点に立つハードコアモデル「911 GT3 RS」を発表したばかりですが、現在は同じくパフォーマンスモデルながらも、圧倒的乗りやすさを実現する「911 GT3」改良型を開発中です。

ポルシェ 911GT3_010
ポルシェ 911GT3 改良型 プロトタイプ

ベースとなる現行911(992世代)は2018年にデビュー。GT3は2021年に発表されており、これが初の大幅改良となります。

ポルシェ 911GT3_014
ポルシェ 911GT3 改良型 プロトタイプ

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌードに近く、フロントエンドでは現行型と同じに見えます。しかし、これは開発初期段階のためで、今後ヘッドライトのグラフィックやバンパーの改良に着手されるはずです。

一方、リアエンドではいくつかのアップデートがあるようです。バンパーの両サイドに、縦基調の大型エアアウトレットが追加されているほか、ナンバープレートは現行型よりも深いくぼみに収まっている様子が伺えます。またディフューザーも新設計されているようです。

キャビン内では、911同様にフルデジタル化されたインストルメントクラスターを装備し、大きな進化を見せます。

現行型パワートレインは、最高出力510ps・最大トルク469Nmを発揮する4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載。レッドゾーンは9000rpmに設定され、6速マニュアルまたは7速デュアルクラッチギアボックスをセレクト可能です。改良型でもそれらはキャリーオーバーされる見込みですが、最新情報では微調整されパワーアップも期待できるといいます。

911 GT3改良型のワールドプレミアはまだ先と見られますが、911 GT3 RS新型といくつかのコンポーネントを共有するかなどにも注目が集まります。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?