スバル「クロストレック」発表。全車マイルドハイブリッドでは物足りないか【週刊クルマのミライ】

■SUBARU XVからCROSSTREKへと改名

SUBARU CROSSTREK
プロトタイプのボディサイズは全長4480mm・全幅1800mm・全高1580mmとアナウンスされている。従来モデルと高さと幅は同じで、少し短くなっている

スバルのSUVラインナップにおけるエントリーモデルとして親しまれてきた「SUBARU XV」の実質的なフルモデルチェンジが発表され、プロトタイプのお披露目がされています。

あえて実質的と表現するのは、名前が変わるからです。といっても、これまでグローバルネームとして使われてきた「CROSSTREK(クロストレック)」に日本仕様も統一されるという事情があるからです。

つまりXVという名前は、ひとまず現行モデルで消滅、次期モデルからはクロストレックになるというわけです。

プロトタイプを見る限り、従来からのイメージは完全に受け継ぎつつ、しっかりと進化させるといった、お手本のようなキープコンセプトでのブラッシュアップとなっています。

SUBARU CROSSTREK
上級グレードは18インチタイヤを履く。このボディカラーは新色のオアシスブルー

ボディサイズを見ても、ホイールベースは現行XVと同じ2670mmとなっていますからプラットフォームも基本的には変わっていないといえます。

いまどきのフルモデルチェンジとしては珍しく全幅は変わっていませんから取り回し性も従来通りとなっているはずです。その一方で、上級モデルのレヴォーグなどで実績あるフルインナーフレーム構造を採用するなど、しっかり進化は遂げています。

スタイリングについても、フェンダーやバンパーに樹脂ガーニッシュをプラスすることでSUVらしさを演出するという手法もXVからの伝統を受け継いだもの。さらに新型クロストレックでは、嵌合をキーワードにパチンとはめ込んだような表現を入れることでアクティブさを強めています。

フロントのフェンダーガーニッシュ部には空力を意識したエアアウトレットが設けられていますが、これは同社のスポーツフラッグシップであるWRX S4にも採用されているアイデアを展開したものです。スバルの持つ最新の知見を盛り込んだのが新型クロストレックといえそうです。

●XVから受け継いだ2.0Lマイルドハイブリッド

SUBARU CROSSTREK
パワートレインは2.0L水平対向エンジンにISGを組み合わせたマイルドハイブリッドだけになる模様

パワートレインは、2.0L 水平対向4気筒ガソリン直噴エンジンに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様になるとアナウンスされています。現行XVに用意されている非ハイブリッドの1.6Lエンジンは、少なくとも日本仕様には用意されないようです。

また、現行型では北米で2モーターハイブリッドシステムを搭載したプラグインハイブリッドを用意していましたが、いまのところ日本への展開はなさそうです。

とはいえ、現行XVの2.0Lマイルドハイブリッドは、WLTCモード燃費が15.0km/Lで、ハイブリッドとしては物足りないのも事実。新型クロストレックにおいてもエンジンルームの写真を見る限り、ほぼキャリーオーバーで載せられているようで、劇的な燃費向上は期待できないという印象です。

もちろん、スバルのSUVらしく全車AWD(四輪駆動)の設定ですから燃費的には不利な傾向にありますが、それでも物足りないのは事実でしょう。

似たような車格のライバル(トヨタ・カローラクロス、日産キックス、ホンダ・ヴェゼル/ZR-V)と同等の燃費性能を望むのは難しいかもしれません。なにしろ、ほとんどの国産系SUVのライバルモデルは2モーターのフルハイブリッドを用意していて、たとえば1.8LハイブリッドのカローラクロスのWLTCモード燃費は24.2km/Lとなっているほどです。

ちなみに、キックスは19.2km/L、ヴェゼルは22.0km/Lです(いずれも4WDのWLTCモード燃費)。

●ボディカラーは全9色を用意する

SUBARU CROSSTREK
エントリーグレードは17インチタイヤとなるようだ。こちらのボディカラーも新色のオフショアブルー・メタリック

たしかに、新型クロストレックにはステレオカメラ+広角単眼カメラによる3眼タイプの進化した「アイサイト」が採用され、先進安全性能を向上させています。これまでスバルのSUVは、そうした安全性がひとつの魅力となっていましたが、最近では他社の先進運転支援システムもずいぶんと進化しています。

燃費に目をつぶっても、と思えるほどのアドバンテージが新型クロストレックあるのかどうか……。

そのあたりは新型クロストレックを実際に公道で走らせてみるまでわかりませんが、燃費性能の大幅改善はスバルにとって急務といえるでしょう。CAFE(企業平均燃費)規制のことを考えても、スバルにとってはエントリーモデルとなるクロストレックにはWLTCモードで20km/Lを超える燃費性能を期待したいものです。

ところで、新型クロストレックの魅力として見逃せないのは、独特のヴィヴィッドなボディカラーでしょう。鮮やかな空を思わせる青(オアシスブルー)と、グレーがかった深みのある青(オフショアブルー・メタリック)という2タイプの青が用意されることがわかっています。

プロトタイプからは黒い樹脂ガーニッシュと相性のよさそうな赤が設定されることも判明しています。ほかにも6色が用意され、あわせて9色のボディカラーを設定するということです。

これまでXVは様々な新色を提案、オートカラーアウォードなどで高く評価されてきました。その伝統は、新型クロストレックにも引き継がれていることは確実です。

ボディカラーで新車を選ぶというユーザーにとっても、新型クロストレックは大注目のニューモデルといえそうです。

自動車コラムニスト・山本 晋也

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。