フェラーリSF90の強化版「バージョンスペチャーレ」、巨大ウィング装着モデルが登場

■翼の角度とダウンフォースの量を手動で調整

フェラーリは現在、ハイブリッドスーパーカー「SF90 ストラダーレ」に設定される強化モデル「SF90 VS」(バージョンスペチャーレ)を開発中ですが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

フェラーリSF90_002
フェラーリSF90n VS (バージョンスペチャーレ)開発車両

SF90は、ブランド初の市販PHEVロードカーとして2019年に発売、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンと3基の電気モーターを搭載し、最新モデルではシステム合計で最高出力986psを発揮します。

フェラーリSF90_010
フェラーリSF90n VS (バージョンスペチャーレ)開発車両

ニュルブルクリンクを爆走するプロトタイプはスポンサーのステッカーを貼り、開発車両としては奇妙ですが、これを公道用の車ではなく、レースカーだと人々に思わせるために、それらを使用している可能性があります。

エクステリアの特徴は、遥かにアグレッシブなフロントスプリッター、以前と同様に「488Pista」にインスパイアされた「Sダクトフード」を装備。

この空力ソリューションは、2008年のF1で導入されたモータースポーツ由来のものです。さらに、ヘッドライトのすぐ下に設けられた2つのスリムな開口部と、フロントバンパー側面に装備された多くのエアロトリックを特徴としています。

注目はリアエンドで、後部デッキに初めて巨大ウィングが装着されています。大きな三角形のエンドプレーンを備えており、新しいポルシェ 911 GT3 ロードカーや、フェラーリ296 GT3レーサーのようなクルマで見られるように、スポイラーの上側ではなく下側に取り付けられています。

電動で動くようには見えませんが、2つの部分に分かれており、翼の角度とダウンフォースの量を手動で調整できるようになっていることがわかります。このウィングの1つの可能性としては、「パフォーマンスパッケージ」の可能性がありそうです。

SF90 SV市販型では最高出力が1,200ps程度と予想され、最速で2022年後半のデビューも期待されています。価格は最低でも500,000ユーロ(約7,100万円)以上となると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?