ポルシェ カイエン&クーペGTターボも大幅改良へ。エンジンが変わる?

■ターボGTではセンター2本出しエキゾーストパイプを装着

ポルシェは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「カイエン」ファミリー改良型を開発中ですが、カイエン並びにカイエン クーペターボGTの最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ カイエン_003
ポルシェ カイエン 改良型プロトタイプ

これまで多数の開発車両をスクープしてきましたが、カイエン最新プロトタイプではほとんどのカモフラージュが落とされています。

フロントエンドでは、ヘッドライト周辺のデカール(転写印刷)とヘッドライト部分のカバーのみとなっており、ノーズにはより拡大されたエアインテークや、タイカン風LEDデイタイムランニングライトを備え、スリム化されたヘッドライトが確認できます。

ポルシェ カイエン_013
ポルシェ カイエン クーペ ターボGT 改良型プロトタイプ

さらにその下にはアップデートされたバンパーと、2列の水平バー、垂直サポートを特徴とする新グリルを装備。上位モデル「カイエンターボGT」並のアグレッシブなデザインが期待できそうです。

リアエンドでは、テールライトが現行型よりさらにスリムに進化、外側に厚いノッチがあるのではなく、ほぼ均一な厚さになっています。

またナンバープレートのくぼみがバンパーに移動したため、リフトゲートとリアバンパーが刷新されていることがわかります。リアエンドのみ捉えたカイエン ターボGTでは、センター2本出しエキゾーストパイプが鮮明に写されています。

キャビン内では、新しいデジタルインストルメントクラスターと、改良されたステアリングホイールを装備。新しいインフォテインメントシステムと、更新されたスイッチギア、さらには最小限のシフターを備え改良されたセンターコンソールも期待できるでしょう。

パワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジン、最高出力549psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンのほか、最高出力680psを発揮する最も強力な4.0リットルV型8気筒ガソリンターボ+電気モーターのPHEVなどがキャリーオーバーされる見込みですが、最新情報ではエンジンアップグレードがなされる可能性もあるといいます。

カイエン改良型のワールドプレミアは、2022年内と見られていましたが、若干遅れが出ており、2023年前半と予想されます。

 (APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?