マツダ・フレアがスタイリッシュなエクステリアに変身。ACCと車線逸脱抑制機能を全車標準化

■ターボエンジン仕様の「HYBRID XT」を追加

以前お伝えしたように、スズキの看板車種ともいえるワゴンRが2022年8月にマイナーチェンジを受けています。スズキからOEM供給を受けているマツダ・フレアも2022年9月9日、一部改良を受け、同日発売されました。

マツダ フレア
一部改良を受けたマツダ・フレア

ターボエンジン仕様の「HYBRID XT」が追加され、全グレードに、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能が標準装備され、安全性と高速走行時などのドライバーサポート機能が強化されています。

なお、フレアは、全グレードが経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当します。

「HYBRID XS」「HYBRID XT」は、エクステリアが、供給元であるスズキ・ワゴンRと同様に、スポーティでスタイリッシュに変身しています。

マツダ フレア
ワゴンRと同様に改良されたマツダ フレア

専用デザインとなるフロントグリルをはじめ、フロントバンパーとヘッドライトが備わり、リヤバンパーとリヤコンビランプ、アルミホイールのデザインも変更されています。

さらに、ボディカラーに「ノクターンブルーパール」と「フェニックスレッドパール」が追加されています。ブラック基調となるインテリアは、専用デザインのメーター、ブラウンメタリックのカラーパネルが備わり、力強さと上質さが表現されています。

「HYBRID XG」は、フロントグリルとフロントバンパーが変更されると共に、ベージュ内装仕様のボディカラーに、「テラコッタピンクメタリック」を追加。また、ブラック内装仕様のボディカラーに、「フォギーブルーパールメタリック」が追加されています。

●価格帯:138万6000円~183万1500円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。