マツダ「ファミリア」シリーズ累計生産、わずか4年で40万台達成【今日は何の日?9月11日】

■ファミリアバンで始まったファミリアシリーズ

マツダ(当時は東洋工業)は、1963年10月に「ファミリアバン」、翌1964年に「ファミリアワゴン&セダン」を小型乗用車市場に参入させました。こうしたファミリアシリーズは、発売から僅か4年の1967(昭和42)年9月11日に40万台を超える大ヒットを記録しました。

1963年にデビューしたファミリア 800バン。マツダ初の小型乗用車
1963年にデビューしたファミリア 800バン。マツダ初の小型車

●マツダ初の乗用車は、軽自動車のR360クーペとキャロルから始まった

1950年代後半に日本のモータリゼーションが幕開け、各社の乗用車モデルが続々と発売される中、総合自動車メーカーを目指していたマツダも、乗用車市場に進出。

トップバッターとして1960年に投入されたのは、軽乗用車の「R360クーペ」で、空冷2気筒4ストロークエンジンとトルコン付AT、4輪独立懸架のサスペンションなど最新技術を採用して、ヒットモデルとなりました。

1963年にデビューしたキャロル360。軽乗用車初のアルミ合金エンジンを搭載
1963年にデビューしたキャロル360。軽乗用車初のアルミ合金エンジンを搭載
1962年にデビューしたマツダ初の軽乗用車R360クーペ
1962年にデビューしたマツダ初の軽乗用車R360クーペ

そして1962年には、第2弾として同じく軽乗用車の「キャロル」を発売。R360クーペが基本的には2人乗りであったのに対し、キャロルは大人4人が乗れる大衆車として、水冷4気筒4ストロークエンジンで静粛性を向上させ、R360クーペを上回る人気を獲得しました。

●「乗用車メーカー再編成構想」に対応して小型乗用車に進出

1961年、通産省は国産乗用車の競争力を強化するため、「乗用車メーカー再編成(3グループ)構想」を発表して、メーカーに検討を依頼しました。これは、乗用車メーカーを“量産車グループ”と“スポーツカー/高級車グループ”、“軽乗用車グループ”の3つのグループに分けるというものです。

この乗用車再編成が実施されれば、当時軽自動車しか作っていなかったマツダは、軽乗用車グループに分けられ、総合自動車メーカーの夢が絶たれる可能性があることから、小型乗用車の市場投入を急ぐ必要があったのです。

しかし、実際には乗用車メーカー再編成構想は、独立独歩を希望する乗用車メーカーの反対によって実現することはありませんでした。

●小型車市場への進出は、ファミリアシリーズで始まった

マツダが投入した小型車の第1弾は、当時高級ライトバンの需要が高いという判断から、1963年発売の「ファミリアバン」となりました。ファミリアバンは、最高出力42PSを発揮するアルミ合金製の排気量782cc水冷4気筒エンジンを搭載し、最高速度は105km/h、最大積載量400kgと実用性の高い商用車でした。

1964年にデビューしたファミリア800 セダン
1964年にデビューしたファミリア800 セダン

翌1964年、本格的なファミリーカーとして「ファミリアセダン」がデビュー。排気量782ccで最高出力45PSのアルミ合金製水冷4気筒エンジンを搭載して、最高速度は115km/hと大衆車としては世界レベルの動力性能を誇りました。デビュー時は4ドア5人乗りでしたが、翌年には2ドアタイプ「ファミリア2ドアセダン」を追加設定。1965年の月販台数は、シリーズで10,000台を超える人気を獲得しました。

●ファミリアシリーズの強化と累計生産40万台達成

1967年にデビューしたファミリア1000 4ドアセダン
1967年にデビューしたファミリア1000 4ドアセダン
1965年にデビューしたファミリアクーペ1000。優れた動力性能を発揮
1965年にデビューしたファミリアクーペ1000。優れた動力性能を発揮

当初の小型大衆車の排気量は600~800ccで始まりましたが、1960年代に入ると市場は排気量1Lクラスのより高級な大衆車を求めるようになりました。

マツダも、1Lクラスのファミリアシリーズを追加。1965年には、最高速度は145km/hを発揮するクラストップの動力性能の本格的スポーツカー「ファミリアクーペ」を、その2年後1967年には、ファミリーカー「ファミリア1000」も投入し、ファミリアシーズの生産台数は1967年のこの日、9月11日に40万台を超えたのでした。ちなみに、1970年には100万台を突破しました。


ファミリアと言えば、1980年に登場した“真っ赤なファミリア”の5代目ファミリアがヒット作として有名ですが、そもそも初代ファミリアも大ヒットモデルだったのです。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。