もしもマツダ「ロードスター シューティングブレーク」が発売されるなら?

■傾斜しているハードトップルーフが、Aピラーと自然に統合し劇的に変化

マツダのシンボルでもあるライトウェイトスポーツカー「ロードスター」(海外名:MX-5)に、派生ワゴン「ロードスター シューティングブレーク」が設定されたら?…というCGを入手しました。

マツダ ロードスター シューティングブレーク_001
マツダ ロードスター シューティングブレーク 予想CG

初代「NA」ロードスターは1989年に登場、現行型「ND」ロードスターは2015年から発売されています。

欧州では「市場で最も運転が楽しいRWD車の一つ」と言われ、ソフトトップのカブリオレとハードトップ「RF」の異なるボディスタイルで提供されています。

マツダ ロードスター シューティングブレーク_003
マツダ ロードスター シューティングブレーク 予想CG

予想CGで協力してくれたのは、デジタルアーティストのSugar Chow氏です。ロードスターの土台となるほとんどのボディパネルを保持していますが、上部とテールは新設計されています。

フロントエンドでは、後方へ向かいわずかに傾斜しているハードトップルーフが、Aピラーと自然に統合され、これによりスポーツカーとしてのプロポーションが劇的に変化していることがわかります。

マツダ ロードスター シューティングブレーク_004
マツダ ロードスター シューティングブレーク 予想CG

筋肉質のリアフェンダーは、新設計されたウィンドウ形状に沿ったCピラーと見事に調和。リアエンドには、コンパクトなウィンドウとハッチバックが見てとれ、拡大されたトランクにアクセスできるようになっています。

通常のMX-5の貨物容量は130Lですが、シューティングブレークのバリエーションでは、余分な高さと引き込み式のルーフ機構がないため、大幅に改善されるでしょう。

またコンパクトなリアスポイラー、新設計のLEDテールライト、純正ディフューザーにクワッドテールパイプを追加し、スポーティさに磨きをかけているようです。

マツダがロードスター生産にGOサインを出す可能性は低いですが、架空の市場ではSugar Chow氏が最近制作した、トヨタ「GR86シューティングブレーク」と完全な競争相手となるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?