ポルシェ「タイカン」、テスラを抜きニュル量産EV最速レコード達成【動画】

■ターボSで7分33秒350達成。足回りには「ピレリP Zero Corsa」タイヤ

ポルシェは「タイカン・ターボS」がニュルブルクリンク北コースにて、量産EV最速レコードを達成したと発表しました。

ポルシェ タイカン_003
ポルシェ タイカン ニュルアタック

実はポルシェは、タイカン発表前の2019年8月、テストドライバーのラース・カーン氏により「ターボ」で7分42秒の最速記録を打ち立てていましたが、2021年9月、今度はテスラ「モデルS プラッド」が7分35秒を記録、その座を奪われていました。

ポルシェ タイカン_004
ポルシェ タイカン ニュルアタック

そして今回、再度ラース・カーン氏が「ターボS」でタイトル奪取を狙いに来たのです。

ターボSでは、Porsche 4Dシャシーコントロールのソフトウェアをアップデート、足回りには「ピレリP Zero Corsa」タイヤに21インチホイールを履き、純正の「パフォーマンスキット」をボディに装着。

その結果、グリーンヘルの20.8km(12.9マイル)で7分33秒350を叩き出し、テスラの記録を約2秒短縮させました。アップグレードされたタイカン ターボSはポルシェ テクイップメントを通じて、ドイツのみでオーダー可能だそうです。

なお、テスラ モデルSプラッドに勝ったものの、EV全体では、VW IDが2019年6月に達成した6分05秒、2017年5月に「Nio EP9」が打ち立てた6分45秒のレコードが残っています。ただし、それらは量産車としてカウントされていません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?