ホンダの海外ブランド・アキュラが「NSX」の2020年モデルを発表。新色「インディイエローパール」を設定【今日は何の日?8月13日】

■パワートレインは継承しつつ、注目は初代オマージュの新色イエロー

2019(平成31)年の今日、8月13日、ホンダの海外向け高級ブランド「アキュラ」は、「NSX」2020年モデルを発表しました。高性能ハイブリッドのパワートレインが注目の2代目NSXですが、2020年モデルでは初代NSXで人気のあったイエローのボディ色を復活させました。

2019年に発表されたアキュラNSX 2020モデル(インディイエローパール)
2019年に発表されたアキュラNSX 2020モデル(インディイエローパール)

●初代NSXは、究極のスポーツカーとして鮮烈デビュー

1990年にデビューしたNSXは、ホンダの技術の粋を集結させた究極のミッドシップ・スーパースポーツです。世界初のオールアルミ・モノコックの超軽量ボディに、最高出力280PS/最大トルク30.0kgmを発揮する新開発の3.0L V6 DOHCエンジンを搭載。軽量ボディと高性能エンジンによって実現される圧倒的な走行性能、さらに空力特性に優れた美しいフォルムは、世界中のスポーツカーファンを魅了しました。

1990年に鮮烈なデビューを飾った初代NSX
1990年に鮮烈なデビューを飾った初代NSX

その後も、走行性能をブラッシュアップした「NSX タイプR」、オープントップ「NSX タイプT」、スポーツ志向をさらに高めた「タイプS」と進化し続け、2005年に惜しまれながら生産を終了。生産終了までの約15年間、北米では高級ブランドのアキュラから日本名と同じNSXで販売され、ホンダのフラグシップとして世界中で約1万8000台が販売されました。

●2代目は、ハイパワーのハイブリッドエンジン搭載

初代から約10年の時を経て2代目NSXは、北米で2016年5月に「アキュラNSX」として復活しました(日本は2017年2月発売)。2代目は、日本生産から米国オハイオ州のPMC(パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター)の専用工場での生産に代わりました。

2017年に登場した2代目NSXのハイブリッドシステム
2017年に登場した2代目NSXのハイブリッドシステム

最大の特長は、3つのモーターを使ったハイブリッドの新しいパワートレインです。V6エンジンのミッドシップ搭載は初代と同じですが、排気量を3.0Lから3.5Lに拡大してツインターボを装着した高性能エンジンに、高効率モーターおよび9速DCTが組み合わされました。

また、フロントには左右独立モーターを組み合わせた「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用。出力は、エンジンが507PS、ドライブモーターが48PS、前輪のモーターがそれぞれ37PSで、システム全体の最高出力はなんと581PSに達し、異次元の走りを見せつけました。

●初代のスパイエローをアレンジして復活した新色イエロー

アキュラNSX 2020モデル(インディイエローパール)のリアビュー
アキュラNSX 2020モデル(インディイエローパール)のリアビュー

そして2019年8月13日に発表された2020年モデルでは、新ボディカラーとして「インディイエローパール」が設定されました。これは、初代で設定されていた「スパイエロー」を意識したイエローです。

スパイエローは、1997年から7年間生産されたNSXの約20%を占めた人気のボディカラーでした。高性能ハイブリッドは同じですが、インテリアには、ブラックのメリノレザーとアルカンターラ仕上げの軽量スポーツシート、タイヤはNSX専用に開発されたコンチネンタルの「スポーツコンタクト6」が装備されました。

NSXの人気のある色は、白、黒、銀、青で、北米では青が人気のようです。追加で設定された新色インディイエローパールでしたが、数は出なかったようでまさに希少なものとなりました。


残念ながら2代目は、2022年12月をもって生産を終えることになっています。技術的には素晴らしい2代目ですが、価格が初代の倍以上である2000万円を超えるスーパーカーですので、量産メーカーのホンダにとっては売り続けるということもそれなりに厳しいのでしょうね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。