トヨタ初のFF車ターセル/コルサがデビュー。CMにスーパーアイドル山口百恵を起用して評判に【今日は何の日?8月3日】

■スターレットとカローラの中間に位置する新しい大衆車

1978(昭和53)年8月3日、トヨタ初のFF車としてターセル/コルサの兄弟車がデビューしました。1970年代は、まだFR車が主流でFF車は少数派の時代、トヨタが満を持して投入した初のFF車、しかもエンジンが横置きでなく縦置きという点がユニークでした。

1978年にデビューしたターセル(ハッチバック)
1978年にデビューしたターセル(ハッチバック)

●日本車におけるFF車の歴史

日本車における駆動方式の歴史を振り返ると、最初はFRが主流でした。日本で初めてFFを採用したのは、1955年に登場したスズキの「スズライトSS」で、日本初の4人乗りの本格的な軽自動車でもありました。また、一方で「スバル360」、「三菱500」、マツダ「キャロル360」などは、RR(リアエンジン・リア駆動)を採用していました。

日本初のFF車、1955年に登場したスズライトSS
日本初のFF車、1955年に登場したスズライトSS

その後も長くFR主流の時代が続きましたが、FFの弱点であったステアリングの操作性や信頼性が向上すると、ホンダが1967年に「N360」でFFを初採用し、1970年代の「シビック」にも採用。日産は1970年「チェリー」で初採用し、FF化に慎重だったトヨタが初採用したのが、1978年のコルサ/ターセルだったのです。

その後1980年代に入り、トヨタの「カローラ」や「コロナ」、日産の「サニー」「ブルーバード」など人気モデルが次々にFF化。これを起点に、小型車だけでなく徐々に大型モデルでも採用されるようになり、主流はFRからFFへと完全に移行したのでした。

●トヨタ初のFFは、エンジン縦置き搭載

1978年にデビューしたターセルの兄弟車コルサ(セダン)
1978年にデビューしたターセルの兄弟車コルサ(セダン)

初代ターセル/コルサは、トヨタ初のFF車としてデビュー。ターセルはカローラ店、コルサはトヨペット店で販売された兄弟車で、違いはグリルなど細微なところだけです。

1974年にデビューした4代目カローラ
1974年にデビューした4代目カローラ

ファストバックの3ドアとノッチバックの2ドア/4ドアの3つのボディスタイルが用意され、当時人気の「スターレット」と「カローラ」の中間の新しい大衆車という位置づけでした。エンジンは、1.5L直4 OHCエンジンと4速ATおよび5速MTの組み合わせ。トヨタ初のFFでしたが、エンジンは一般的な横置きでなく縦置きでした。縦置きが選択されたのは、FRのカローラとのエンジンの共用化、AT装着の容易さ、トルクステアの少なさなどを優先させたため。もうひとつ特徴的だったのは、2クラス上のカリーナと同じ超ロングホイールベースの採用、これにより同クラス中で圧倒的に広い室内空間を実現しました。

●テコ入れのためTV-CMにスーパーアイドル山口百恵を起用

発売当初のターセル/コルサの販売は決して順調ではありませんでした。そのテコ入れとして、1年後にTV-CMに当時絶頂期を迎えつつあったスーパーアイドルの山口百恵を起用、“百恵の、赤い靴”というキャッチコピーで注目を集めました。

山口百恵と言えば、当時大ヒットした「プレイバックpart2」という歌の冒頭に、”緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ“という有名な歌詞がありました。そのイメージが強かっただけに、CMに登場した際にはポルシェじゃないのと突っ込まれたとか。それでもCMは人気でしたが、当のターセル/コルサの販売は期待通りに伸びませんでした。


1970年代から1990年代までは、TVではクルマのCMが盛んに流されていました。特に、山口百恵の起用あたりから、イメージキャラクターに当時の人気俳優や歌手を起用するのが定番でした。残念ですが、最近はクルマのTV-CM自体が、随分減ってしまいましたね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

(Mr.ソラン)

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。