「勇敢で、本物で、予想外」。ランボルギーニ新型オフローダー「ステラート」が公式リーク

■ルーフレールを初装着、高い最低地上高やボディクラッディング装備

ランボルギーニは現在「ウラカン」ベースのミッドシップ・オフロードスーパーカーを開発中ですが、その市販型プロトタイプの画像が公式リークされました。

ランボルギーニ ステラート_006
ランボルギーニ ウラカン ステラート ティザーイメージ

ウラカン ステラートは2019年6月にコンセプトモデルが公開、それほど長い時間を要せずに市販化へ向かっています。

公開されたプロトタイプは、ルーフレールを初装着、高い最低地上高を備えています。

フロントエンドでは、これまでのプロトタイプと異なるエアインテークが確認できるなど、市販化へ開発終盤といえそうです。またフェンダーに取り付けられたボディクラッディングは、頑丈なエクステリアを与えています。

ランボルギーニ ステラート_003
ランボルギーニ ウラカン ステラート ティザーイメージ

同社では、ウラカン ステラートを「勇敢で、本物で、予想外」と呼んでおり、ビデオでは、起伏の多い地形をより適切に処理するために十分に保護されたアンダーボディを示しています。

また、再調整された全輪駆動システムと強化されたサスペンションがあると推測できます。

幅の広いフロントトラックとリアトラックに取り付けられた特注の20インチホイールには、1.85インチ(47mm)の最低地上高を加え、AWD、トルクベクタリング、全輪操舵を備えます。

気になるパワートレインですが、ウラカンEVOをベースとしているため、自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載。電気モーターと組み合わせたプラグインハイブリッドが予想されています。

ウラカン ステラートの市販時の価格は24万ユーロ(約3100万円)で、500~1000台の限定モデルとも伝えられます。完売後に即「億超え」のプレミアム価格となることは必至と言えるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?