マツダと深い関係だったフォード エスケープ、改良型をフルヌード撮影

■現行の六角形ではなく、八角形の形状の新しいグリルを装備

フォードが開発を進めるコンパクト・クロスオーバーSUV、「エスケープ」改良型をフルヌード姿でカメラが捉えました。

フォード エスケープ_003
フォード エスケープ 改良型プロトタイプ

初代エスケープは、2000年に発売、日本市場にも導入されました。当時フォードの傘下であったマツダと共同開発され、マツダからは「トリビュート」として販売されていたモデルです。

フォード エスケープ_007
フォード エスケープ 改良型プロトタイプ

第4世代となる現行型は2019年に登場しており、これが初の大幅改良となります。

フロントエンドでは、現行の六角形ではなく、八角形の形状の新しいグリルを装備するほか、バンパーコーナーのメッシュエレメントは既存の丸み帯びたデザインからシャープなエッジへ刷新されています。

ヘッドライトもその形状から完全に見直され、アウトラインがよりシャープになりLEDバーがヘッドライトの間を走っています。ライトが変更されたことにより、フードも新設計され、より角度のあるデザインが採用されています。

フォード エスケープ_008
フォード エスケープ 改良型プロトタイプ

側面では、Cピラーに沿ったクロームトリムがわずかに厚くなっているように見えます。

後部には、「ACTIVE」バッジを装着、このプロトタイプがアクティブ仕様であることがわかるほか、テールライトが少し丸みを帯びています。

エスケープ改良型のデビューは、プロトタイプの状態からも年内が濃厚と言えるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?