5L V8エンジンを搭載したレクサスのハイパフォーマンスモデル「IS F」の中古車は買いか?【中古車】

■IS 500 F SPORT Performanceのルーツと言えるIS Fは2007年に登場

レクサスは2022年7月21日、5L V型8気筒エンジンを搭載した「IS 500 F SPORT Performance」を8月25日(木)より日本市場に導入することを発表しました。

レクサスIS F外観02
IS 500 F SPORT Performanceのフロントスタイル

スポーティセダンのISに最高出力481ps・最大トルク535Nmを発生する5L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載したモデルといえば、2007年〜2014年まで販売されたレクサスIS Fを思い浮かべる人も多いはずです

そこで、ここではIS 500 F SPORT PerformanceのルーツといえるIS Fの車両解説とともに、最新の中古車事情を紹介しましょう。

●レクサスのプレミアムスポーツがIS F

レクサスIS F外観04
IS Fのフロントスタイル

レクサスIS Fはプレミアムスポーツモデルとして2007年10月に発表、車両本体価格766万円で12月から販売開始されました。

IS Fの“F”は徹底的な走りの鍛え込みを行ったホームサーキットの富士スピードウェイの頭文字である“F”が由来です。

その“F”の冠を与えられたレクサスのプレミアムスポーツは、「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることにより、レクサスの新しいパフォーマンスを提案する」ことをコンセプトとしています。

IS Fはドライバーの意思にしっかりと応え、クルマを自在に操ることができるという、クルマの根源的な魅力である「運転する楽しさ」を極限まで追求したモデルに仕立てられています。

レクサスIS F外観05
IS Fのリアスタイル

インテリジェントスポーツセダン・ISのボディに、最高出力423ps・最大トルク505Nmを発生する5L V型8気筒自然吸気エンジンをはじめ、当時世界初だった8速スポーツダイレクトシフトなど、新開発のパワートレインを搭載しています。

さらにエンジン、ステアリングブレーキを統合制御することで、高い車両安定性と予防安全性能を発揮するVDIMにスポーツモードを設定しています。

8速スポーツダイレクトシフトは電子制御技術により、ATとMTのメリットを両立させ、2ペダルトランスミッションの新たな価値を提案。Mポジションでは、世界最速レベルの変速レスポンスを実現するとともに、エンジンとトランスミッションを直結状態とすることで、ダイレクトなアクセルレスポンスを実現。駆動方式はFR(後輪駆動)のみとなっています。

レクサスIS F内装01
IS Fのインストルメントパネル

2009年8月の一部改良では、優れた操縦性、走行安定性と高いトラクション性能を発揮するトルセンLSDを標準装備としました。さらにステアリングホイール、19インチ鍛造アルミホイールの意匠を変更。標準装備のHDDナビゲーションに通信で地図更新が行える「マップオンデマンド」機能などを追加しました。

2011年8月に行った一部改良では、運転する楽しさを追求し、優れた操縦安定性・走行安定性を発揮する新ショックアブソソーバーの採用に加えて、コイルスプリングやバウンドストッパーなどサスペンションチューニングを最適化。また、ヘッドライトにL字型のポジションランプを採用しました。

レクサスIS F内装02
IS Fのフロントシート

2013年9月に一部改良を行い、フロントのフォグランプをLEDタイプへの変更をはじめ、カーボン製リアスポイラーの採用。また、スポーツシート全席のヘッドレストに“F”ロゴを立体的に表現したエンボス加工を施しています。

同時に設定された特別仕様車の「ダイナミックスポーツチューニング」は、エンジンのピストンなどの部品のフリクション低減をはじめ、組み立てを行うときにバランス取りを行い、NAながら最高出力7psアップと滑らかな回転フィールを実現。さらに、ボディ開口部に新しい接着技術を採用することで、ボディ剛性を向上させています。

●徐々に値上がっているIS Fの中古車事情

現在、IS Fの中古車の流通台数は約63台で平均価格は約275.4万円。中古車の価格帯は約140万〜約569.8万円となっています。3ヵ月前の2022年4月時点では流通台数が約50台。平均価格は約268万円だったので、流通台数の増加に伴い、平均価格も上昇に転じています。

国産、輸入車問わず、大排気量エンジンを搭載した中古車は、税金面などで敬遠されることが多いのですが、5L V8エンジンを搭載しているIS Fも200万円以下の中古車が数多く流通しています。

流通している中古車の走行距離は延びていますが、レクサスが手掛けた渾身のエンジンだけに、メンテナンスさえされていれば、走行距離10万kmぐらいではビクともしないだでしょう。逆に言えば、匠たちの想いが詰まったIS Fが200万円ぐらいで買えてしまうのが夢のような話と言えます。

レクサスIS F外観03
IS 500 F SPORT Performanceに搭載されている5L V型8気筒自然吸気エンジン

特に、5L V8自然吸気エンジンは、電動化が進む今後、なかなか味わうことができなくなるはず。そういったことを考えると、中古車相場が安定している今が、IS Fを購入するチャンスと言えるでしょう。電動車に乗り換える前に、一度は味わってみたい珠玉のエンジンです。

(文:萩原 文博/写真:トヨタ自動車)

【関連記事】

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!