小学生のクルマに関する疑問・質問に応えてくれる「2022年 小学生自動車相談室」を三菱自動車が開設

■夏休みの自由研究の参考にも

三菱自動車は、2022年も「2022年 小学生自動車相談室」を開設しました。今年は、7月20日から12月9日まで開催されていて、30年目の節目を迎えています。

同相談室は、自動車産業に関する多様な質問を、フリーダイヤルやウェブサイト、郵便で受け付けます。小学生を対象にした専門の相談室の設置は、自動車業界唯一の取り組みで、毎年多くの子どもたちや小学校の先生に利用されているそうです。

三菱自動車
電動車の仕組みなども紹介されている

1993年の開設から昨年度までの相談件数は累計約3,800件となっています。相談内容は、自動車産業全般や工場、環境問題についてなど多岐にわたっています。授業中の子どもたちからの電話、小学校の先生から授業の事前準備のための質問など、さまざまな機会に活用されています。

電話での問い合わせには、質問と回答が記載された「学習ノート」が送付されています。また、子どもたちの学習ツールとして、「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」というパンフレットの配布、ウェブサイトも常時開設されています。

パンフレットは1993年に創刊され、クルマができるまでの過程や工場の様子、電動車の仕組み、環境や安全への取り組みなどを写真やイラストで分かりやすく解説されています。

入手方法や問い合わせ先は、下記の「小学生自動車相談室の窓口」までお願いします。

三菱自動車
三菱自動車が開設した「2022年 小学生自動車相談室」

ウェブサイトの主要コンテンツは、「クルマはこうやってつくられます」と題され、開発から販売までの流れを解説し、工場での生産の様子をアニメーションや動画で紹介。

「人と地球環境にやさしいクルマ」では、環境に配慮された電動車の仕組みや工場での取り組み、ドライバーや歩行者を守るための安全技術などが解説されています。

「クルマの自由研究」では、クルマにまつわる自由研究テーマを学年別に提案。

「みんな知ってる?交通安全クイズ」では、歩行中や自転車運転中など、日常のよくあるシーンから交通ルールやマナーをクイズ形式で紹介されています。

さらに、「質問コーナーQ&A」として、小学生自動車相談室に寄せられた主な質問をQ&A集として項目別に掲載。なお、今夏は同パンフレット、ウェブサイトにおいて、子どもたちの関心が高い「SDGsへの取り組み」に関するページの新設も予定されています(8月末予定)。

夏休みの自由研究をクルマ関連にする人も同ウェブサイトをのぞいて見てはいかがでしょうか。

塚田 勝弘

【関連リンク】

電話での問い合わせ
受付期間:7月20日(水)~12月9日(金) ※土日除く
9:00〜12:00/13:00〜17:00
フリーダイヤル:0120-175-250 ※受付時間が変更になる場合があります

手紙やはがきでのお問い合わせ
〒108-8410東京都港区芝浦3丁目1番21号
三菱自動車「小学生自動車相談室」

ウェブサイトでの問い合わせ
こども向けウェブサイトの「質問コーナーQ&A」に設置
https://inquiry.mitsubishi-motors.co.jp/kids/RegisterInit.do

2022年 小学生自動車相談室
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/sustainability/contribution/people/kids/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。