新型クラウンは当初2車型だった?追加したスポーツSUVに注目集まる

■新型クラウンシリーズの“スポーツSUV”に熱視線

新型トヨタ クラウン「クロスオーバー」のエクステリア

トヨタ自動車は2022年7月15日、16代目となる新型クラウンをワールドプレミアしましたが、その際、クラウンシリーズとして、クーペタイプの「クロスオーバー」以外にも、SUV仕様の「スポーツ」や「セダン」、ワゴンタイプの「エステート」など計4モデルを同時公開して注目を集めました。

発表会に登壇した豊田章男社長によると、自身としては「クロスオーバー」と「セダン」を軸にしたモデルチェンジを考えていたが、開発チームからの強い要望を受けて「スポーツ」と「エステート」を追加したそうで、クラウンのモデルチェンジに関する情報が長らく錯綜し続けた背景がこのあたりにあるようです。

新型クラウンシリーズ

トヨタでは新型クラウンの開発にあたり、“クラウンとは何か”を徹底的に見つめ直したそうで、「これからの時代のクラウンらしさ」の追及により4つの全く新しいクラウンを創出。

今後グローバルに約40の国・地域に順次導入予定で、クラウンシリーズの販売台数として年間20万台規模を見込んでいるそうです。

●クラウン「スポーツ」のエクステリア・デザインは秀逸の出来?

新型トヨタ クラウン「スポーツ」のサイドビュー(筆者予想含む)

そうしたなか、今秋発売予定のクラウン・クロスオーバーに続いて2023年内に発売予定のSUV「スポーツ」に対する反響が大きいようです。

トヨタは4モデルの中のクラウン・スポーツについて、「エモーショナルで創造的な雰囲気を持ち、乗りやすく運転しやすいパッケージとともに、俊敏でスポーティな走りを楽しめる新しいカタチの“スポーツSUV”を目指した」と説明しています。

新型トヨタ クラウン「スポーツ」のリヤビュー(筆者予想含む)

もちろん「クロスオーバー」についても、斬新なリヤ廻りやバイトーン(2トーン)カラーなどが目を惹きますが、「スポーツ」の張り出したリヤフェンダーからバックドアにかけてのグラマラスな造形は秀逸で、黒色で縁取ったLEDテールランプやメリハリの利いたリヤバンパー形状などもスポーティ&高級感の演出に寄与しています(※リヤ廻りは今回初公開)。

●フロントマスクがフェラーリ「プロサングエ」似?

新型トヨタ クラウン「スポーツ」のエクステリア

一方、クラウン・スポーツのフロントマスクが、年内にフェラーリが発売を予定している「プロサングエ(Purosangue)」にかなり似ていると話題になっているようです。

フェラーリ初のスポーツSUV「プロサングエ」

同モデルはフェラーリ初のスポーツSUV(4WD)で、4.0L V8ターボエンジン+モーターのPHV仕様により、システム出力1,000psを発生します。

フェラーリが2022年3月24日、同社のフェイスブックに公開したティザー画像によると、コの字型のLEDヘッドランプや細幅のラジエターグリル、車幅いっぱいに張り出したバンパーサイドの開口部など、確かに類似点が多くみられます。

コンセプトモデル「クロスオーバーEV」

ただ、こうしたデザインの類似性はLED技術などの進化がもたらした結果でもあり、似通ったものになるのは致し方ないところ。

現にトヨタは2021年12月14日に開催した「バッテリーEV戦略に関する説明会」において、クラウン・スポーツの原型となったコンセプトカー「クロスオーバーEV」を公開済みです。

●気になる予想価格は?

新型トヨタ クラウン「クロスオーバー」のサイドビュー

トヨタ自動車は先頃、基本モデルとなるクラウン・クロスオーバーの車両価格を正式発表しました。

それによると、2.5Lハイブリッドモデル(E-Four)の価格帯が435万円~570万円(税込)で、2.4Lターボのハイブリッドモデル(E-Four Advanced)が605万円~640万円(税込)に設定されています。

新型トヨタ クラウン「スポーツ」のエクステリア(筆者予想含む)

全車4WD+ハイブリッド仕様であることを考えると、現行モデルからの価格上昇が抑えられている印象ですが、「スポーツ」についてはコンセプトモデルがEV仕様だっただけに、ピュアEV化される可能性もあり、その場合は走行用バッテリー搭載等による価格上昇が予想されます。

もちろん、ハイブリッド仕様が基本モデルになる可能性もあるので、こちらに期待したいところ。

1955年の初代誕生以来、多様化する顧客ニーズへの対応に向け、これまでで最も大きな変革を遂げようとしているクラウンシリーズの今後の動向が注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

New「クラウン」のグローバル化は日本市場の納期にも影響する?
https://clicccar.com/2022/07/18/1203343/

新型トヨタ「シエンタ」がデビュー目前。 納期の長期化で先行予約必須?
https://clicccar.com/2022/07/13/1201806/

16代目クラウンが7月15日にワールドプレミアへ。 4年ぶりの全面刷新で斬新なリヤビュー採用?
https://clicccar.com/2022/07/08/1200219/

人気SUV「カローラ クロス」に“あの顔”の「GR SPORT」が登場する?
https://clicccar.com/2022/06/10/1192729/

欧州向けカローラのNEWモデル公開で国内マイナーチェンジ概要が判明
https://clicccar.com/2022/06/05/1191306/

【関連リンク】

新型クラウン公式サイト
https://toyota.jp/crown/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。