メルセデスGLC新型の頂点AMG「63」、V8から直4に変更も驚異の670馬力

■内部には12.3インチの自立型デジタルクラスターと11.9インチのタッチスクリーン

メルセデス・ベンツの主力クロスオーバーSUV、「GLC」新型に設定されるハードコアモデル、AMG「GLC63」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデスAMG GLC_001
メルセデスAMG GLC63 新型プロトタイプ

GLC新型は6月1日にデビューしたばかりですが、AMGバージョンもほぼ同時に開発が進められており、ベースモデルを追うようにデビューの準備が整いつつあるようです。

メルセデスAMG GLC_005
メルセデスAMG GLC63 新型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、車体をローダウン。フロントエンドではパナメリカーナグリルがむき出しとなり、フルLEDヘッドライトが隣接して配置されています。

下部では、フィンを備える大型のコーナーエアインテークや、別のグリルが装備されています。また幅の広いトラック、大型ホイールとブレーキ、分厚いサイドシルなども確認できます。

後部では、クワッドエキゾーストパイプがインストールされた新設計のディフューザー、ルーフにはコンパクトな新スポイラーも見てとれます。また左フェンダーには充電ポートが配置されており、プラグインハイブリッドであることがわかります。

ベースとなるGLCはCクラスとプラットフォームを共有しているため、AMGでもエンジンオプションを共有します。

パワートレインは、前世代の4.0リットルV型8気筒から、2.0リットル直列4気筒(M139)エンジンへ変更。シリンダー数は半分になりますが、電気モーターを搭載することにより最高出力は150psも向上、最大670psに達します。

キャビン内では、12.3インチの自立型デジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど、予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれます。

ただし、AMGには、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されます。

AMG GLC63新型のワールドプレミアは、2022年内と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?