氷上加速性能、耐摩耗性を高めたトラック・バス用スタッドレスタイヤ「W999」がブリヂストンから登場

■環境性能と運動性能を両立する基盤技術「エンライトン」をトラック・バス用に初採用

ブリヂストンは、トラック・バス用スタッドレスタイヤの「W999」を2022年9月に発売します。

ブリヂストン W999
ブリヂストンから登場するトラック・バス用スタッドレスタイヤ「W999」

同スタッドレスタイヤは、環境性能と運動性能を両立する基盤技術「ENLITEN(エンライトン)」をトラック・バス用タイヤに初めて採用し、氷雪性能と耐摩耗性を高次元でバランスさせています。さらに、耐偏摩耗性能を向上させたことで、環境面とコスト削減にも寄与します。

発売サイズは「11R22.5 16PR」「245/70R19.5 136/134J※」「275/80R22.5 151/148J」「295/80R22.5 153/150J(トラック用のみ/※)」4サイズで、価格はすべてオープン価格。なお、※サイズは写真とパターンが異なります。

「W999」は、タイヤの環境性能と運動性能を両立する「ENLITEN」技術が基盤になっています。様々な車両で、多様な路面に接するタイヤを開発してきた同社の「接地を極める」という強みが活かされて開発されたトレッドパターンの「トリニティコンタクトパターン」が採用されています。

ブリヂストン W999
高い接地性などを実現する「トリニティコンタクトパターン」

「トリニティコンタクトパターン」は、氷雪路面での接地面の除水性を高める「トリプルオープンサイプ」をはじめ多くの技術が採用されています。

ブロック、サイプ溝の配置が最適化されて均一な接地を実現する「アドバンスドロッキング配列」、ショルダーブロックの変形を抑制する「ディフェンスショルダー形状」などの技術が採り入れられた新パターン。「W999」では同パターンを採用することで、従来品の「W910」から氷上加速性能を14%アップさせ、摩耗ライフを20%向上。偏摩耗量(ショルダーブロックの段差摩耗量)は、44%の低減を実現させたそう。

ブリヂストン W999
偏摩耗量(ショルダーブロックの段差摩耗量)は、従来品から44%の低減を実現

さらに、性能向上に伴い、従来品「W910」のシャーベット路面での高い性能はそのままに、氷上路面での効きを向上。

耐摩耗性の向上によりタイヤの交換サイクルが延びることで、環境面やコスト面に大きく寄与。加えて、耐偏摩耗性能の向上によりタイヤメンテナンス工数の削減にもつながるという美点も備えています。

氷上性能が向上したことで、これまで氷雪系スタッドレスタイヤを使っていた一部のユーザーなど、より幅広い使用条件に適しているのも特徴です。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。