BMW X3次期型を最速予想。フロントマスクはより精悍に

■キドニーグリルは通常サイズだが、市販型では拡大される可能性も

先日、BMWの主力クロスオーバーSUV「X3」次期型のプロトタイプを捉えましたが、それをもとに予想CGが制作されました。

BMW X3_010
BMW X3 改良型 予想CG

KOLESA.RUから協力を得た最速のCGでは、現行型から大きく逸脱していないデザインが見てとれます。フロントエンドでは、先が鋭く、奥に膨らみを持ったヘッドライトを装備。バンパーには現行型よりアグレッシブになったエアインテークなどが確認できます。

CGではキドニーグリルは通常サイズですが、プロトタイプからは拡大される可能性あるカモフラージュが発見されています。

BMW X3_011
BMW X3 改良型 予想CG

後部ではスリムに新設計されたLEDテールライトを装着。バンパーやスプリットデザインのルーフスポイラーもリフレッシュされています。CGではお伝えできませんが、次期型ではボディサイズが拡大する可能性があるといいます。

キャビン内では、新しい「iX」で提供される最新の「iDrive8」インフォテインメントシステムとガラスコックピットが搭載されるでしょう。

BMW X3_002
BMW X3 改良型 プロトタイプ

次世代型パワートレインはまだ見えてきませんが、プラグインハイブリッド、およびフルエレクトリックモデルをラインアップ。X3Mはガソリンと電気モーターを組み合わせ、強力なパワーを提供してくれるはずです。

そして新しいエンジンと軽量素材の使用量を増やすことで、燃料消費量を削減、CO2排出量を削減する必要があるでしょう。

X3次期型のワールドプレミアは、2024年と予想されており、それまでに多数のティザーイメージや予想CGが展開されるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?