レクサスLX最大のライバル。インフィニティSUV「QX80」次期型、2024年登場か?

■次期型がプレミアムメーカーの新時代を示すモデルに

インフィニティは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「QX80」次期型を開発しているとみられますが、そのデビューが2023年後半、または2024年初頭に行われる可能性が高いことがわかりました。

インフィニティ QX80_006
インフィニティ QX80

その起源となる「QX」は、1996年にインフィニティブランド初のクロスオーバーSUVとして発売、2014年モデルから「QX80」に改名されました。同モデルは米国の新車市場で最も古いモデルの1つとなっており、次期型への世代交代が急務となっています。

インフィニティ QX80_005
インフィニティ QX80

同ブランド会長のペイマン・カーガー氏は、Automotive Newsのインタビューにて、QX80次期型がプレミアムメーカーの新時代を示すことになるといい、モデルの性能仕様を強化。その基盤と技術を共有する日産アルマーダとは、さらに差別化して高級路線へ向かうことを目指し、インフィニティの究極の目標は、ランドローバーレンジローバーやレクサスLXなどの高級SUVのライバルとして、新しいQX80を発売することだと付け加えています。

これはQX80次期型が、視覚的にも、品質とパフォーマンスの面でも、ブランドイメージを再起動する必要がある、いくつかの次世代インフィニティ製品の最初のものになり、新しい企業の顔が次のモデルに配置され、フラッグシップSUVでデビューすることを意味しているといっていいでしょう。

現行型のパワートレインは、5.6リットルV型8気筒エンジンを搭載、最高出力は400hpを発揮しますが、次期型ではダウンサイジングターボを採用し電動化される可能性もあると見ています。

インフィニティは2025年に初のフルエレクトリックモデルを発表予定のほか、2020年代後半にはQX60サイズのコンパクトクーペSUVも計画されています。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?