シュコダ「スペルブ」、VWパサートベースの大型セダン。フルモデルチェンジをスクープ

■パサートはセダン廃止の噂ながらスペルブはセダン、ワゴンもラインアップ

シュコダのフラッグシップセダン、「SUPERB」(スペルブ)次世代型プロトタイプをカメラが捉えました。

シュコダ スペルブ_004
シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ

スペルブは、ブランド最大の乗用車として1934年から1942年まで製造された歴史的モデルです。その後2001年、VW「パサート」をベースに59年ぶりに復活、第4世代となる現行型は2015年に発売されおり、2023年の発売を目指し、これが8年振りのフルモデルチェンジとなります。

シュコダ スペルブ_006
シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプの大部分は現行型のボディパネルを使用したテストミュールのようですが、カモフラージュされたフロントエンドには、より角度のあるバンパーを装備。最終的には現行オクタビアの影響を受けた進化的デザインが予想されます。

パワートレインは、燃焼エンジンを利用できる最後の世代となり、マイルドハイブリッド、ディーゼル、2種類のプラグインハイブリッドバージョンがラインアップされることが噂されています。兄弟モデルであるVWパサートは、オートマチックトランスミッションのみ設定されると噂されており、スペルブも追随する可能性があります。しかし、パサートがセダンを廃止すると噂される一方、スペルブはワゴンもセダンも次世代に残ると予想されています。

スペルブ次期型のワールドプレミアは2023年で、スロバキアのブラチスラヴァ工場でパサートと一緒に製造される予定です。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?