「フェニア・スーパースポーツ」日本限定5台、億超え、400km/hオーバーの超スーパーカー販売開始

■「フェニア・スーパースポーツ」は映画「ワイルドスピード・スカイミッション」でビルから飛び出したライカン・ハイパースポーツの後継モデル

●塚本ナナミが紹介、超スーパーカー「フェニア・スーパースポーツ」とは?

映画「ワイルドスピード・スカイミッション」に登場し、ドバイの高層ビルから飛び出す姿が皆さんの記憶にも残っている、ライカン・ハイパースポーツですが、その後継モデルが今回、日本初上陸したフェニア・スーパースポーツです。

フェニア・スーパースポーツ

ドバイに拠点を持つW motors(ダブルモータース)社が発表したフェニア・スーパースポーツは、世界限定10台の販売が決まっており、そのうちの5台が日本で販売。2022年の夏以降に販売開始予定であることがW motorsとニューガイアモータースのパートナーシップ締結発表で明らかになりました。

ボディカラーはイエロー、ブルー、レッド、グリーン、パーブルのフルカーボンボディで計5色、その5台が日本に納車されるそうです。

ドライバーを迎え入れるスーサイドドア

主な仕様は約800馬力、ツインターボ水平対向6気筒エンジン、7速、左ハンドルの2名乗車で、時速400km/hで走るとのこと!

全長4592mm、全幅1935mm、全高1199mmで、ライカンより車両重量が420kg軽量化されているそうです。価格はまだ正式発表されていないのですが、数億円は確実と、億円超えのハイパーカーが新たに日本の公道を走るのが見られそうです。

●億円超え確実、日本限定5台。選ばれし者しか買えないフェニア・スーパースポーツ

今回展示された車両は日本のホモロゲーション取得に向けたテストカーで、既に筑波サーキットで加速騒音検査、大阪での排ガス検査などを完了しており、W motorsのエンジニアが来日し、ニューガイアモータースサービススタッフに向けて点検や整備研修を行っているので、国内で対応が可能に!

実は私、塚本ナナミもこの研修に立ち合わせて頂きました。

貴重なクルマの保管が心配という方には、整備点検が行われる同ビルに「プレミアムガレージ」が用意されています。ここは、厳しいオーナー審査をクリアした方のみが利用できる特別なガレージです。プレミアムガレージでは2基のカーエレベーターが装備されており、冷房が効いている平置きの専用の駐車スペースには、バッテリーチャージ用コンセントやフロア入室のセキュリティシステムを完備。ドライブを楽しんだ後は洗車や内装清掃も希望によって行えて、まさに至れり尽くせりとなんとも羨ましい(笑)。

W motorsは今後EV車の製造に注力していくと、CEOのラルフ・ダッバスさんは語ってくれました。

W motorsがどんなEV車を作り出すのか、今後も楽しみです。

Wmotors CEOラルフ氏とラジオDJのTOGGYさん

フェニア・スーパースポーツの内装やエンジン音は塚本ナナミYouTubeチャンネル「773TV」にて公開予定です。合わせてお楽しみください!

塚本 ナナミ

【関連リンク】

塚本奈々美の773TV
https://www.youtube.com/channel/UCK3HoPqgOS-Y9xchzPEetBw

この記事の著者

塚本 ナナミ

塚本 ナナミ 近影
2013年に4輪デビューし国内外のレース、ラリー、ドリフト競技に参戦する「三刀流」ドライバーとして活躍。2007年にモータースポーツに触れてから車業界の盛り上げと啓蒙活動にも力を入れ、テレビなどのメディアにレーシングドライバーとして出演。さらに、やまなし大使、人気アプリゲーム「ドリフトスピリッツ」(バンダイナムコ)のキャラクター兼プロデューサーとしてイベントを開催。子どもや女性にもモータースポーツの普及をと、東京タワーのE-MOTOR SPORTS施設のアンバサダーを務める。