V6から直4へ変更か?アウディ高性能ワゴン「S4 アバント」、新デジタルコックピットも激写

■VWグループの「MLB Evo」のアップデートバージョンを採用

アウディは現在、主力モデル「A4」ファミリー次期型を開発中ですが、派生ワゴンに設定されるパフォーマンスモデル「S4アバント」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

アウディ S4_002
アウディ S4 改良型 プロトタイプ

プロトタイプのフロントエンドには、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトを装備。

コンパクトになったメッシュグリル、バンパー両サイドにスリムなエアカーテンを配置し、フォグランプはメインクラスターに統合されているなど、ベースモデル「A4アバント」プロトタイプと同じです。

しかし、ボディを若干ローダウンし、クワッドエキゾーストをインストールしていることから、パフォーマンスモデル「S4アバント」と思われます。

アウディ S4_012
アウディ S4 改良型 プロトタイプ

側面を見ると、洗練された新設計のドアハンドルをカモフラージュ。ホイールにはいくつかのカバーがみられ、センターキャップにはトルクセンサーが取り付けられています。これはテスト中にホイールの滑り量を検出するように設計されたデバイスです。

キャビン内では、ワイドデジタルスクリーンを搭載、大刷新されたダッシュボードを備えています。タッチスクリーンは、現行型S4のように突き出るタイプではなく、センターコンソールに統合されます。

また「Q4 e-tron」から流用したようなフラットボトムステアリングホイールを装備。オートマチックトランスミッションの分厚いギアレバーははるかにコンパクトなセットアップに変更されると思われます。

アウディ S4_003
アウディ S4 改良型 プロトタイプ

スタート/ストップボタンはほぼ同じ場所に配置されているようですが、これは火災の場合にクルマの電気システムを停止する緊急事態用です。

市販型では、フォルクスワーゲン(VW)グループの「MLB Evo」のアップデートバージョンを採用。現行型パワートレインは、最高出力349psを発揮する3.0リットルV型6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載していますが、メルセデスAMGが6気筒から直列4気筒はダウンサイジングしており、S4でも同様の変化が見られるかもしれないほか、マイルドハイブリッド技術が投入され馬力が向上する可能性は高いでしょう。

アウディは、ベースとなるA4セダンとアバントを2023年に投入する計画をもっており、「S」と「RS」が2024年に続くことになるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?