内部も激写。BMW新型EVセダン「i5」、市販型のすべてを大公開

■新設計の垂直LEDデイタイムランニングライトを初装備したプロトタイプ

BMWは現在フルエレクトリックセダン「i5」を開発していますが、その最新プロトタイプを捉えるとともに、キャビン内の撮影に成功しました。

BMW i5_016
BMW i5 市販型プロトタイプ

i5はその名の通り、主力5シリーズに初めて設定されるEVバージョンです。

捉えた最新プロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、新設計の垂直LEDデイタイムランニングライトを備える生産型ヘッドライトを初めて装着、7シリーズ新型で採用された上下二分割ヘッドライトは見送られたようです。

BMW i5_008
BMW i5 市販型プロトタイプ

またグリルは縦に巨大化されず、横にワイド化され、バンパーには縦スラットを備える低いエアインテークが確認できます。さらに縦スラットのエアカーテンを装備、ボンネットフードは全体的にネジが見えるダミーパネルですが、側面に沿って低くなっている様子がうかがえます。

側面では角張ったショルダーライン、ミニマリストのドアハンドル、上向きにスイープするベルトラインを確認、後部では控えめなリアスポイラーや「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーも見てとれます。

BMW i5_005
BMW i5 市販型プロトタイプ

キャビン内は多くがカバーされていますが、12.3インチのドライバーディスプレイと14.9インチのインフォテイメントシステム用のデジタルスクリーンのペアを装備。そのレイアウトはEVセダン「i7」と非常に似ています。

ディスプレイはダッシュボード最前線に配置され、ドライバーの利便性を高めるためにわずかにカーブしているほか、センターコンソールのコントロールもi7のレイアウトに似ていることがわかります。ステアリングホイールは、現行5シリーズに似ていますが、最終市販コンポーネントではない可能性が高いです。

i5市販型では、次世代5シリーズと「CLAR」プラットフォームを共有。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド、そしてフルエレクトリックを提供します。

ICEモデルでは、直列4気筒、および直列6気筒エンジンにマイルドハイブリッドが組み合わされると予想されます。一方、i5では70kWhから100kWhの範囲のバッテリーパックを備えるシングルモーター+後輪駆動、およびデュアルモーター+全輪駆動のバリエーションがラインアップされるほか、高性能モデル「i5M」では、システム合計出力750psを発揮するトリプルモーターを搭載すると噂されています。

i5のワールドプレミアは、2024年モデルとして2023年内に行われると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?