スバルBRZが一部改良。ライティングシステムの操作性を向上

■フルLEDヘッドランプやステアリング連動ヘッドランプを標準装備

2代目にスイッチしたSUBARU(スバル)BRZが、2022年5月26日(木)に一部改良を受けました。

SUBARU BRZ
一部改良を受けたSUBARU BRZ

現行型のBRZは、「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を掲げ、その名に恥じない本格的なスポーツ走行を堪能できます。

今回の一部改良は、小幅なものになっています。

ライティングスイッチの操作性が見直され、改良前の車幅灯/尾灯&OFFで1ポジションから、車幅灯/尾灯とOFFが分けられ、2ポジションになり、より分かりやすくなっています。

BRZは、フルLEDヘッドランプ(ヘッドランプレベライザー/オート付)、ステアリング連動ヘッドランプが標準装備されています(義務化されているオートライトももちろん標準装備)。

SUBARU BRZ
BRZのイメージ

●ボディサイズ:全長4265×全幅1775×全高1310mm
●価格帯:308万円〜343万2000円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。