フェラーリSF90に986馬力の「VS」初設定。F1の空力技術を満載

■車内コード「F173VS」。F1譲りの「Sダクトフード」を装備

フェラーリの電動ミッドシップ4WD、「SF90ストラダーレ」に設定されるハードコアモデル「SF90 VS」(バージョンスペチアーレ)市販型プロトタイプを、カメラが捉えました。

フェラーリ SF90_006
フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ

SF90は、同ブランド初の市販PHEVロードカーとして2019年にデビュー、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを搭載し、システム合計で最高出力780psを発揮する電動ハイブリッドスーパーカーです。

フェラーリ SF90_010
フェラーリ SF90 VS 市販型プロトタイプ

社内コード「F173VS」と呼ばれる新型モデルと、SF90の最も明らかな変更点は「488Pista」に触発された「Sダクトフード」です。Sダクトはボンネットフードの先端にあるインテーク。モータースポーツの世界から派生した空力ソリューションは、2008年のF1で導入されています。このノーズダクトはフロントバンパーから入ってくる空気をトランクリッドを通して上向きに導き、運動量の変化に作用、強力なダウンフォースを発生するよう設計されています。

またフロントエンドでは、ヘッドライトのすぐ下に2つのスリムな開口部と、フロントバンパー側面にある、より多くのエアロトリックを特徴としています。後部では、SF90とほぼ同じリアウィングが見られますが、最終市販型ではより大型のウィングが装備される可能性があり、ダウンフォース強化につながるはずです。またVSでは前部2つのモーターが独立して動作、前車軸にトルクベクタリングを提供することにより、コーナリングフィールも改善されるといいます。

スペックの詳細は不明ですが、情報によるとSF90を大幅に上回る、システム合計最高出力986psを発揮すると噂されています。

SF90 VSの車名は市販型で変更される可能性もありますが、2023年後半にはワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?