スバルSTIの代わりはオレだ!? トヨタGRカローラ「セダン」を計画中?

■Dピラー以降、ルーフ形状やトランクルームが新設計。最大320psか?

トヨタは4月1日、カローラのハイパフォーマンスモデルとなる「GRカローラ」を発表しましたが、セダンバージョンが設定されるのでは?という噂を入手、早速その予想CGを公開します。

トヨタ GRカローラ_005
トヨタ GRカローラ セダン 予想CG

ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」に協力を得た予想CGは、高速カローラの3ボックスバージョンです。

フロントエンドはGRカローラと共有、AピラーからCピラーも変化はないようです。しかし、Dピラー以降、ルーフ形状やトランクルームが新設計されているほか、大型の固定リアウィングも装備されています。

トヨタ GRカローラ_003
トヨタ GRカローラ ハッチバック

GRカローラは、「GRヤリス」に搭載されている1.6リットル直列3気筒インタークーラーターボエンジンをハイチューン、最高出力はGRヤリスの272psから304psへ高められています。

またトリプルエキゾーストシステムを採用し、排圧低減にも効果を発揮しています。セダンでは最高出力が320ps程度まで向上する可能性もあると予想されます。

トヨタ GRカローラ_004
トヨタ GRカローラ ハッチバック

さらにGRヤリスでも採用されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載、最適駆動力配分により圧倒的スポーツドライブを実現します。

ハイパフォーマンスセダンと言えば、期待されていたスバル「WRX STI」は登場しないと米国部門のスバルオブアメリカが3月に発表、衝撃を呼びました。果たしてGRカローラセダンは、STIブランド亡き市場を活気づかせるモデルとして登場するか、注目されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?