日本再上陸のヒョンデ、「コナ」次期型キャビン内を激写

■最高出力105psの1.6リットル直列4気筒エンジンと、最高出力44psの電気モーターを搭載

ヒョンデ(旧・ヒュンダイ)の人気クロスオーバーSUV「コナ」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えるとともに、その内部を激写しました。

ヒョンデ コナ_004
ヒョンデ コナ 次期型プロトタイプ

現行型となる初代コナは2017年に発売、これが初のフルモデルチェンジとなります。

捉えたプロトタイプは未だカモフラージュが厳重ですが、スプリットヘッドライトとワイドグリルが継承されていることがわかります。ただし、下部のヘッドライトは垂直デザインになる可能性もありそうです。

ヒョンデ コナ_009
ヒョンデ コナ 次期型プロトタイプ

後部では、角張ったリアウィンドウと、かろうじて見える排気口を備えていることがわかるほか、ホイールベースが長く見え、ボディ全体も大型化さたように見えます。

ヒョンデ コナ_001
ヒョンデ コナ 次期型プロトタイプ

キャビン内はカバーが多くを隠していますが、新設計された上品なドアパネル、センターアームレスト、通気孔のあるレザーシート、フローティングのワイドスクリーンインフォテインメントシステムのように見えるものも確認できます。

興味深いのはパワートレインを示すラベルで、ハイブリッド化された1.6リットルエンジン、デュアルクラッチトランスミッション、および前輪駆動を備えていることがわかります。

これは恐らく「ニロ」から流用される、最高出力105psを発揮する1.6リットル直列4気筒エンジンと、最高出力44psを供給する電気モーターによりバックアップされることになり、システム合計で141psを発揮、6速DCTを介して前輪に送られるのでしょう。

このほか、フルエレクトリックや高性能「N」などバリエーションが期待できます。現行Nは最高出力290psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、次期型では300psオーバーも噂されています。

コナ次期型のデビューは、2023年と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?