キーワードは「アドレナリンに満ちた暴露」。レンジローバースポーツ次期型、ティザーイメージ公開

■5月10日デビューへ! 角度のある大型ディスプレイを確認

ランドローバーは、現在パフォーマンス・クロスオーバークーペSUV「レンジローバースポーツ」次期型を開発していますが、そのティザーイメージを3点リリースするとともに、5月10日のデビューが濃厚であることがわかりました。

レンジローバースポーツ_001
レンジローバースポーツ 改良型 ティザーイメージ

レンジローバースポーツ次期型は2020年2月に初めてスクープ、以降2年以上が経過し、ついにワールドプレミアの準備が整ったようです。

同社では、RRスポーツのデビューについて「グローバルな公開において劇的なデビュー」が待っていると述べています。

レンジローバースポーツ_002
レンジローバースポーツ 改良型 ティザーイメージ

リリースされたコクピットのティザーイメージでは、角度のある大型ディスプレイ、新設計されたギアシフターなどが見てとれます。

現行型レンジローバースポーツは2018年3月、中国湖南省の天門山で99のカーブと999段もの石段を走破、究極の「ドラゴンチャレンジ」を成功させた初のモデルとなりました。

恐らく次期型では別の記録を引っさげデビューすると予想され、同社は「アドレナリンに満ちた暴露」と表現しています。また次期型は「再定義され、紛れもない存在感、比類のないオンロード機能、最新の高度なデジタルおよびシャーシテクノロジーをブレンドした」と述べています。

最新情報によると、市場に応じて48Vマイルドハイブリッドなど電動化された直列6気筒ガソリンおよびディーゼルエンジンをラインアップ。レンジトッピングの「SVR」では、BMW「X5M」から4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植。電動化され、最高出力は615psを発揮、0-100km/h加速は4.0秒のパフォーマンスを発揮すると予想されています。

(APOLLO)