メルセデスの高性能スポーツカー、AMG「GTクーペ」2グレード同時スクープ!

■弟分「SL」新型との差別化が鮮明に

メルセデスAMGが販売するパフォーマンス2ドアスポーツカー「GTクーペ」次期型プロトタイプを、カメラが初めて2グレード同時に捉えました。

メルセデスAMG GTクーペ_009
メルセデスAMG GT63 クーペ 開発車両

AMG GTクーペは、「SLS AMG」の実質的後継モデルとして2014年にデビュー。今回が初のフルモデルチェンジとなり、2代目へ世代交代されます。

メルセデスAMGは、2021年10月に弟分「SL」新型を発表しましたが、その差別化に注目が集まります。

メルセデスAMG GTクーペ_014
メルセデスAMG GT63 クーペ 開発車両

今回捉えたプロトタイプは2台。

1台は以前にも捉えたグレードで、円形のクワッドエキゾーストパイプを装備。おそらく6気筒エンジンを搭載し、「GT53」と呼ばれる可能性が高いです。

もう1台は四角いクワッドエキゾーストパイプをインストール。こちらはV型8気筒エンジンを搭載し、「GT63」と名付けられる上位モデルと予想されます。

AMG「SL」と「GT」は同じプラットフォーム上で開発。「GTロードスター」を廃止し、後継モデルをSLに託しました。

捉えたプロトタイプは、単に固定ルーフを持ったSLではなく、ヘッドライトは異なる形状を持ち、グリルはSLより低い位置に配置されています。

さらに後ろに移動すると、合理化されたボディワークと際立つショルダーラインが見てとれるほか、フラッシュマウントドアハンドルを装備。

メルセデスAMG GTクーペ_011
メルセデスAMG GT63 クーペ 開発車両

足回りには、ベンチレーテッドディスクと、カラーキャリパーを備える高性能ブレーキシステムによりバックアップされた軽量ホイールを装着。

サスペンション設定もSLとは異なるはずです。後部では、SLよりコンパクトなLEDテールライトが確認できます。

キャビン内では、最新のMBUXインフォテインメントテクノロジーを継承。SLと同様にセンターコンソールのほとんどをカバーする11.9インチのタッチスクリーンディスプレイを搭載。

以前の情報では、SL同様に2+2シートレイアウトで実用性が高められると思われましたが、最新情報では2シーターを維持、SLと差別化される可能性があるといいます。

メルセデスAMG GTクーペ_013
メルセデスAMG GT63 クーペ 開発車両

パワーは、SLと同様に2つの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンから供給され、SL55では最高出力469ps、SL63では577psを発揮しますが、GT53では最高出力476ps・最大トルク699Nm、GT63では最高出力585ps・最大トルク799Nmを発揮、「4MATIC+」全輪駆動で四輪全てに伝達されます。

またGTブラックシリーズや、4ドア「GT 63S Eパフォーマンス」の800psを超える高性能PHEVの設定も噂されています。

AMG GTクーペ次期型のワールドプレミアは、2022年内、あるいは2023年前半と予想されます。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?