アルファロメオ・ジュリアが一部改良を実施し、新グレードの「Ti」を追加

■グランツーリスモの性格を強調した新グレードの「Ti」

2022年4月6日(水)、スポーツセダンのアルファロメオジュリアが一部改良を受けました。同時に、新グレードのジュリア Tiが追加されています。

「Ti」は、「Turismo Internazionale」の頭文字から命名され、グランツーリスモのキャラが強調された新グレードです。

アルファロメオ ジュリア
ジュリアの新グレード「Ti」

エクステリアは、ダークタービンデザインが採用された18インチアルミホイールやボディ同色のエクステリアミラーハウジングなどの専用パーツを備え、エレガントな雰囲気を漂わせています。フロントフェンダーには、「Ti」エンブレムが備わります。

アルファロメオ ジュリア
新グレード「Ti」のインテリア

一方のインテリアも「Ti」専用のグレーオークウッドパネル、滑らかな風合いのナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付、運転席シートメモリー付)が備わります。

シートカラーには専用のタンが設定されていて、ブラック基調のインテリアとの組み合わせによりエレガントな仕立てになっています。

アルファロメオ ジュリア
「Veloce(ヴェローチェ)」のエクステリア

今回の一部改良では、既存グレードの「Veloce(ヴェローチェ)」と「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」の装備の充実化が盛り込まれています。

ヴェローチェには、ブラックのフロントグリルやエクステリアミラーハウジング、ダークエキゾーストフィニッシャー、新デザインで19インチのアルミホイールが新たに備わり、上質感を演出。リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)が新たに搭載され、スポーツ性能に磨きが掛けられています。

アルファロメオ ジュリア
「Veloce(ヴェローチェ)」のインテリア

究極のダイナミクス性能を謳う「クアドリフォリオ」には、ブラックテールライト、レザー/アルカンターラ巻きステアリングホイール、高いホールド性と快適性、軽量化が両立されたスパルコ製カーボンバケットシートが新たに備わったのがトピックス。

アルファロメオ ジュリア
「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」のエクステリア

新仕様の共通装備として、オートハイビーム機能付バイキセノンヘッドライト、ステアリングヒーター付スポーツレザーステアリングホイール、ナビゲーションシステムや地上デジタルTVチューナーなどの装備のほか、「トラフィックジャムアシスト」や「ハイウェイアシストシステム」などの先進安全装備、運転支援装備が用意されています。

アルファロメオ ジュリア
「Ti」のリヤビュー

●価格
「2.0 TURBO Ti」:554万円
「2.0 TURBO Veloce」:624万円
「2.9 V6 BI-TURBO Quadrifoglio」:1287万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。