メルセデス・ベンツ Eクラス、高性能モデル・AMGに600馬力のPHEVを新設定へ!

■「C63」から2.0リットル直列4気筒ハイブリッドシステムを採用

メルセデス・ベンツは「Eクラス」次期型を開発中ですが、そのハードコアモデルとなるAMGラインアップに、新たにプラグインハイブリッド「E53e」、および「E63e」が新設定される可能性が高いことがわかりました。

メルセデス AMG Eクラス_001
メルセデス AMG E53 市販型プロトタイプ

現行型Eクラスは2016年に発売、AMGバリエーションでは「E43」「E53」「E63」、および「E63S」が設定されていますが、このフルモデルチェンジを機にPHEVが導入されることになります。

メルセデス AMG Eクラス_004
メルセデス AMG E53 市販型プロトタイプ

スカンジナビアで捉えたプロトタイプは、ボディ全体をカモフラージュ。

フロントエンドには、パナメリカーナグリルが隠されている可能性があるほか、穴の空いた部分からは、大型のエアインテーク、よりアグレッシブなフロントバンパー、スプリッターなどが装備されている様子もうかがえます。

また足回りでは、フロントに265/40R20のミシュラン「パイロットアルパイン5ウィンタータイヤ」を履いた20インチホイールのセットを装着。

フロントアクスルにクラシックなAMGデュアル5スポークデザイン、リアに異なるブラック仕上げのマルチスポークデザインを備えるミスマッチリムが確認できます。その奥には、赤いブレーキキャリパーを備える大径クロスドリルブレーキディスクも見てとれます。

メルセデス AMG Eクラス_009
メルセデス AMG E53 市販型プロトタイプ

また、ボディ右側リアフェンダーにはガス給油口、左側リアフェンダーには充電口がみられることからもPHEVモデルであることは明白です。

現在販売されているAMG「E53」は、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力429ps・最大トルク520Nmを発揮、0-100km/h加速は5秒以内に駆け抜けます。

一方、新設される「E53e」では「C63」から2.0リットル直列4気筒ハイブリッドシステムを採用、最高出力は600ps以上が期待できそうです。

キャビン内では、「Cクラス」「Sクラス」と同様の最新のインテリアレイアウトが予想され、最新のインフォテインメントを搭載することは間違いありません。

AMG E53eのワールドプレミアは2023年内と思われ、2024年には最強モデル「E63e」が噂されており、フルエレクトリックAMG「EQE 53 4MATIC+」と併売されることになりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?