アウディA5次期型はついにフルEVか!?「A5クーペe-tron」を大予想

■デュアルモーターシステムを採用、最高出力400ps以上を期待

アウディの主力モデル、「A5」次期型の予想CGを入手しました。

アウディ A5クーペ_003
アウディ A5クーペ

現在、アウディの電動シリーズ「e-tron」は急成長しており、現段階で「e-tron GT」「RS e-tron」「e-tronクロスオーバー」「e-tron Sportback」「Q4 e-tron」「Q4 e-tron Sportback」の6台をラインアップ。

さらにクロスオーバーSUV「Q6 e-tron」も開発中です。

アウディ A5 e-tron_002
アウディ A5 e-tron 予想CG

第2世代となる現行型A5は、2016年に発売。「クーペ」「カブリオレ」、5ドアの「Sportback」のボディバリエーションで提供されています。

2023年から2024年には次期型が導入される可能性がありますが、フルエレクトリックになるか注目されています。

おなじみ「X-Tomi Design」に協力を得た予想CGは、「A5クーペe-tronコンセプト」と名付けられたフルエレクトリックモデルです。

フロントエンドには、先日発表されたばかりの「A6アバントe-tron コンセプト」とほぼ同じデザインを採用、ブレーキを冷却するコーナーエアインテーク、密閉されたワイドなシングルフレームグリルを装備。

側面では、高いベルトラインと低いルーフを備えるAピラー、A5の特徴的リアウォーターウィンドウの形状が維持されています。

EVスペックは、デュアルモーターシステムを採用、前後アクスルにモーターを積み、最高出力は400ps以上が期待できそうです。またA6 アバントe-tron 同様に、800V充電テクノロジーを採用、急速充電で300km走行を可能にするバッテリー容量を約10分以内に完了します。

A5クーペe-tronコンセプトが市販化されるかは断言できませんが、同社がエレクトリックメーカーへ急加速していることは間違いありません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?