いつかはまた日本市場に。フォードSUV「クーガ」改良型、ニューフェイスを披露!

■2016年までは日本市場でも販売! フロントエンドを完全に新設計

フォードが販売するコンパクト・クロスオーバーSUV、「クーガ」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

フォード クーガ_010
フォード クーガ 改良型プロトタイプ

2016年までは日本市場でも販売されており、馴染みのあるモデルだったクーガは、2019年に現行型を発売。これが第3世代にとって初の大幅改良となります。

フォード クーガ_005
フォード クーガ 改良型プロトタイプ

ニュルブルクリンク付近の公道で撮影したプロトタイプは、フロントエンドが完全に新設計されており、スリムでアグレッシブなヘッドライト、低いボンネットライン、フォードのロゴが組み込まれた大型グリル、さまざまなエアインテークなどが見てとれます。

後部では、LEDテールライトが同じ形状であることがわかりますが、內部グラフィックが刷新されているほか、バンパーをリフレッシュして円形のエキゾーストパイプを装備しています。

キャビン内では、改良されたフォード「フォーカス」の後を追い、SYNC4インフォテインメント用の大きな13.2インチのタッチスクリーンを配置、デジタルスクリーンインストルメントクラスターのアップデートされたグラフィック、および新しいトリムオプションが提供されると思われます。

現行型クーガでは、すでにマイルドハイブリッド、フルハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、様々な電動パワートレインがラインアップされており、エンジンの大きな変動はなさそうです。

フォード クーガ改良型のデビューは、早ければ2022年内に行われる可能性があるようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?