プジョーの原付2種ネオレトロスクーター「ジャンゴ125」に限定トリコロールカラー登場!50ccモデルも新色で復活

■プジョーの生誕地フランスをイメージ

210年もの歴史を誇るのがフランスの自動車ブランド「プジョー」ですが、その傘下にある「プジョーモトシクル」も120年以上の歴史を誇る老舗バイクブランド。現在もスクーターを中心に、街にマッチするおしゃれで小粋なモデルを数多くリリースしています。

そのプジョーモトシクルの人気モデル、原付2種スクーターの「ジャンゴ125」に特別仕様車「ジャンゴ125トリコロールABS」と新色の「ジャンゴ125エバージョンABS(ディープオーシャンブルー)」が登場!

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ125トリコロールABSのフロントビュー

また、生産終了となっていた50cc版が復活し、新たに「ジャンゴ50エバージョン(ディープオーシャンブルー)」として再販されることも決定しました。

これら3モデルが、2022年3月23日(水)より、全国のプジョーモトシクル正規販売店で国内販売されることが発表されました。

●1950年代の人気スクーターがモチーフ

ジャンゴは、1950年代に大ヒットした「プジョーS55」というモデルをモチーフに、ビンテージ感溢れるデザインを持つネオレトロと呼ばれるジャンルのスクーターです。

グラマラスかつ流麗なボディに、プジョーのライオンマークが入ったフロントグリル、前後セパレートシートなどを採用。シート下のメットインスペースやスマートフォンの充電コンセントなどで高い実用性を誇るほか、ABSの装備などによる高い安全性も実現します。

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ125トリコロールABSのフロントカウル

ラインアップには、空冷単気筒の150ccモデルと125ccモデルを用意。多様なニーズに対応するさまざまなカラーバリエーションを設定するほか、今回の新機種追加に合わせて2020年に生産終了となっていた50cc版も、「ジャンゴ50エバージョン」として復活し、よりラインアップを充実させました。

●トリコロールカラーは55台限定

今回実施される新機種投入の目玉は、やはり125ccモデルに設定された55台限定のジャンゴ125トリコロールABSでしょう。

このモデルは、プジョー生誕の地フランスを表現した仕様。フランス国旗を構成する3色「青・白・赤(トリコロール)」が、個性と華やかさを主張する特別仕様車です。

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ125トリコロールABSのシート

ボディカラーには、プジョーブランドを象徴するディープオーシャンブルーを採用。フロントカウルやフェンダーにはトリコロールラインも入れることで、フランスらしさを強調します。

インナーパネル、フットボード、ホイールには、柔らかな印象のミルキーホワイトでペイント。また、前後セパレートシートには鮮やかなレッドを採用することで、プジョーがものづくりに込めた情熱を表現しています。

ほかにも、フランスの頭文字である「F」を表記したサイドデカールは、ヨーロッパの4輪車で用いられている国際識別ステッカーをイメージ。モデルネーム「Django」のデカールには、質感の高い金属製を用いることで、よりスペシャルな印象を表現しています。

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ125トリコロールABSのサイドデカール

価格(税込)は45万9000円(55台限定)です。

●125ccと50ccにディープオーシャンブルー仕様

一方、ジャンゴ125エバージョンと、復活となった50cc版に設定されたジャンゴ50エバージョンには、ディープオーシャンブルーというカラーが追加されました。

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ125エバージョンABS(ディープオーシャンブルー)

エバージョンとは、ジャンゴのツートンカラー仕様ですが、実はこのカラー、全くの新色ではなく、2020年に一旦は生産終了となっていたボディ色なのです。

原付2種スクーターのプジョー・ジャンゴ125に限定トリコロールカラー
ジャンゴ50エバージョン(ディープオーシャンブルー)

ところが、プジョーモトシクルの輸入販売を手掛けるaideaによれば、ユーザーから多くのリクエストにより再発売が決定したといいます。

特徴は、エレガントなカーブを描きながら、車体のフロントからリヤまで続くメッキモールを境に、上下でくっきりと塗り分けられたブルーとホワイトの絶妙なマッチング。

見る角度により表情を変え、海のような奥深さと太陽のような輝きを併せ持つカラーリングです。

価格(税込)は、ジャンゴ125エバージョンABS(ディープオーシャンブルー)が43万4500円、ジャンゴ50エバージョン(ディープオーシャンブルー)が29万5900円です。

(文:平塚 直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!