BMW 3シリーズ「ツーリング」改良型をスクープ!上から下に降りる新LED採用

■ディーゼルエンジンを搭載する「M340d」が存続するかに注目

BMWは現在、欧州Dセグメントの「3シリーズ」改良型を開発中ですが、その派生モデルとなるワゴン「3シリーズ ツーリング」プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 3シリーズ ツーリング_002
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

現行型3シリーズツーリングとなる「G21」型は、2019年にデビュー、これが初の大幅改良となります。

BMW 3シリーズ ツーリング_011
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

先日キャッチしたセダン同様、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、デザインが見えてきています。

フロントエンドでは、G20」のように下からではなく上から下に降りる新LEDデイタイムランニングライトを装備するスリムなヘッドライト、キドニーグリルは巨大化されていない様子が伺えます。

新設計されたフロントバンパーには、垂直のエアカーテンが配置されています。バンパーのエアインテークはメッシュ形状ではないため、Mスポーツではないようです。

キャビン内では、「iX」に採用されている「iDrive7.0」を搭載、センターコンソールの上には湾曲した巨大タッチスクリーンが配置されるはずです。インテリアでは、センターコンソールの新素材、大幅改良されたインフォテイメントシステムなど最大のアップグレードが期待できるでしょう。

BMW 3シリーズ ツーリング_006
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリン、およびディーゼルがキャリーオーバーされる見込みですが、注目は3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載する「M340d」が存続するかです。欧州ではますます排出ガス規制が厳しくなり、廃止される可能性があるといいます。

3シリーズ改良型のワールドプレミアは2022年内で、セダンの登場後にツーリングが公開となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?