トヨタ・アクアに「GRスポーツ」が登場!? ヤリス クロスに先行か?

■2代目は乗り心地や加速性能が進化

2021年7月に、10年ぶりのフルモデルチェンジにより2代目へと移行したコンパクト・ハイブリッドカー、トヨタアクア」。

スタイリッシュな外観に加え、乗り心地や加速性能の向上などにより顧客満足度が高いようで、本年1月の販売台数が9,857台と、1万台/月に迫る好調な販売が続いています。

現行アクアのエクステリア
現行アクアのインテリア

新型の車両サイズは全長4,050mm、全幅1,695mm、全高1,485mm、ホイールベースが2,600mmで車両重量は1,130kg。

現行のヤリスシリーズにも採用されている最新の「GA-B」プラットフォームに刷新されており、ホイールベース延長(+50mm)により、リアシートの居住空間や荷室空間が拡大しています。

パワートレインは1.5L直3エンジン(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm)に換装され、初代モデルには無かったリアモーター(6.4ps/5.3kgm)を搭載するE-Fourが新たに設定されました。

アクアに採用されたバイポーラ型ニッケル水素電池

また駆動用バッテリーには世界初となる高出力なバイポーラ型ニッケル水素電池が採用されており、先代比でバッテリー出力が約2倍に向上したほか、アクセルレスポンスが向上しており、低速からリニアでスムースな加速が可能になっています。

またEVモードでの走行速度が40km/hに拡大したことで、街中の多くのシーンでエンジンを使わずに走行できるようになった事も特筆されます。

実用的な自動駐車システム「アドバンストパーク」に加え、駐車時や停電時にも家電製品が使えるアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)や、非常時給電モードを全車に標準装備。通常運転で30km/L前後の実燃費が得られるのも、他のハイブリッドモデルより軽量なアクアならでは。

●アクアに今夏「GRスポーツ」設定か?

現行アクアに登場する「GRスポーツ」(筆者予想)

各種情報によると、そんなアクアに「GRスポーツ」が設定されるようです。

ヤリス クロス「GRスポーツ」(筆者予想)

ヤリス クロスの「GRスポーツ」に先行して発表される見通しで、最も安価な「GRスポーツ」になります。

先代アクアGRスポーツに施された床裏補強の数々

迫力のあるフロントマスクに加え、専用スポーツシートなどを装備すると共に、スポット溶接の増し打ちや床裏ブレース追加によるボディ剛性アップが図られ、専用サスペンションの採用と相まってスポーティなハンドリング特性が実現される見込み。

現行アクアのリヤビュー

気になる車両価格は、先代アクア(2020年仕様)では244万円でしたが、新型ではベースモデルの価格差が反映されるものと予想。

一方、既存グレードにおいても同タイミングで一部改良や内外装色、オプションパーツの追加等が予定されている模様です。現行モデルの評判が良いだけに、こちらについても今後の動きが注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

ついにトヨタ「MR2」復活!?「SPORT EV」にはエンジン仕様も存在か?
https://clicccar.com/2022/02/18/1162323/

ホンダがCR-V後継となるミドルサイズSUVを開発中!? 登場は今秋か?
https://clicccar.com/2022/02/12/1160987/

人気のトヨタ「ヤリス クロス」に新グレード追加!? GRスポーツも設定か?
https://clicccar.com/2022/02/05/1159303/

「トヨタ2000GT」後継車に水素エンジン搭載!? シルビアEVに対抗か?
https://clicccar.com/2022/01/27/1156942/

新型アルトには純ガソリン仕様の「ワークス」モデルが用意されている?
https://clicccar.com/2022/01/06/1149438/

【関連リンク】

トヨタ アクア
https://toyota.jp/aqua/

トヨタ アクア GRスポーツ(先代)
https://toyota.jp/ucar/catalog/brand-TOYOTA/car-AQUA/202008/10130724/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。