人気のトヨタ「ヤリス クロス」に新グレード追加!? GRスポーツも設定か?

■今夏の改良に向け、2月中旬に新規受注をストップ

2020年8月末の発売からすでに1年半が経過しているものの、人気グレードは未だ納車に半年以上を要しているトヨタのコンパクトSUV「ヤリス クロス」。

スタイリッシュな外観や手頃な車両価格、取扱いやすい車両サイズなどで人気が高い同車ですが、折からの半導体不足の影響も手伝って、通常納期(1~2ヵ月)を大きく上回っているのが実情のようです。

現行トヨタ「ヤリス クロス」のエクステリア
現行トヨタ「ヤリス クロス」のリヤビュー

そうしたなか、各種情報によると発売から2年が経過する本年8月に、グレード追加・廃止を伴う一部改良を予定している模様で、販売店では納車の実情を踏まえ、2月中旬に現行モデルの新規受注をストップするようです。

欧州向けヤリス クロス「アドベンチャー」仕様のサイドビュー

改良項目については、法規対応やインテリアの質感向上、ボディカラーの変更などが主となるようですが、欧州向けに昨年設定済みの「アドベンチャー」グレードを国内向けにも追加すると共に、ガソリン車のエントリーモデル「X “Bパッケージ”」(179.8万円)を廃止する模様。

欧州向けヤリス クロス「アドベンチャー」仕様の内外装

ちなみに欧州向けの「アドベンチャー」グレードの場合、前後バンパーに大型プロテクタが追加され、シルバー色のルーフレールやダークグレー仕上げの18インチアロイホイールなどを装備。

欧州向けヤリス クロス「アドベンチャー」仕様のインテリア

インテリアではシフトレバーにレザー製ブーツを追加、ステアリングホイールが革巻きに。

そのほかにもインパネ・ドアのモールディングがゴールドカラーとなり、ピアノブラック処理されたガーニッシュ類が目を惹きます。

●スポーティグレード「GR Sport」を設定

そして今回の変更で最も注目されるのが、スポーティグレード「GR Sport」の追加設定。

ヤリス クロス「GR Sport」のエクステリア(筆者予想)

専用デザインの内外装や10本スポークの18インチホイールを装備するほか、専用サスペンションを装備。補強ブレース追加等でボディ剛性を強化することにより、走行性能の向上を図る模様。

ヤリス クロス「GR Sport」のリヤビュー(筆者予想)

エクステリアはフロントバンパーの意匠などに「GRヤリス」の雰囲気を漂わせ、インテリアについてもブラックを基調にシートやステアリング、シフトノブ、アルミペダル等のGR専用パーツを装備するようで、スポーツカー好きのハートをくすぐる一台になりそう。

ラジエターグリルの開口面積拡大により、一層アグレッシブさを増すことが予想されます。

また、ヤリスシリーズのマイナーチェンジ時期でもあるため、ヘッドランプやテールランプについても意匠変更が織り込まれる可能性があり、今夏の改良が大いに注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

ヤリスクロスに「アドベンチャー」グレード登場! 気になる国内モデルとの違いは?
https://clicccar.com/2021/04/10/1073826/

トヨタが迫力のワイドフェンダー&リヤウイング装備の「GRヤリスAP4」を公開!
https://clicccar.com/2020/12/04/1039666/

レクサス版「ヤリスクロス」が誕生!? トヨタが欧州で「LBX」の商標登録を申請
https://clicccar.com/2020/09/02/1009538/

【関連リンク】

トヨタ ヤリスクロス
https://toyota.jp/yariscross/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。