いつの間に!? ボルボ XC40が大幅改良。プロトタイプが出現

■「C40リチャージ」から継承する新設計されたLEDヘッドライト装備

ボルボのコンパクト・クロスオーバーSUV、「XC40」改良型の市販型プロトタイプカメラが捉えました。

ボルボ XC40_012
ボルボ XC40 改良型プロトタイプ

スカンジナビアで捉えたプロトタイプは、一切のカモフラージュをまとっていません。

実はヨーロッパのいくつかの国の公式ページには、すでに改良型の画像がアップされており、公式のワールドプレミアなしにモデルを静かに発表しているわけです。

ただし、北米の公式HPでは改良前のモデルが掲載されており、謎は深まるばかりです。

XC40は2016年に「Concept 40.1」として公開、翌2017年に新世代「CMA(Compact Modular Architecture)プラットフォーム」を初めて採用したコンパクトSUVとして発売されており、これが初の大幅改良となります。

ボルボ XC40_003
ボルボ XC40 改良型プロトタイプ
ボルボ XC40_002
ボルボ XC40 改良型プロトタイプ

フロントエンドは、フルエレクトリック・クーペSUV「C40リチャージ」から継承する、新設計されたLEDヘッドライト、バンパーを採用、デイタイムランニングライトもわずかに変更されているようです。

後部ではバンパーを刷新、テールライトはわずかにLEDグラフィックが更新されています。

インテリアではダッシュボードの装飾ストリップが新素材に変更、XC40リチャージで見られるように、9インチのタッチスクリーンにより、Googleベースのインフォテインメントの恩恵を受けます。また、ボルボのシグネチャーADASシステムと安全機能を保持します。

パワートレインは、2つのマイルドハイブリッド(B3、B4)と、2つのプラグインハイブリッド(T4、T5)がラインアップされ、3つのトリムレベル(Core、Plus、Ultimate)で利用可能です。B3には最高出力163psを発揮する2.0リットルのマイルドハイブリッドが搭載、一方B4はより強力な最高出力197psを発揮、AWDオプションが設定されます。

プラグインハイブリッドでは、1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて、最高出力262psを発揮。フルエレクトリック「CX40リチャージ」では、シングルモーターで最高出力231psを発揮、デュアルモーター版では最高出力408psを発揮します。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?