メルセデス・ベンツGLE・最強モデルAMG「GLE 63」、内外を大幅リフレッシュ!

■4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、馬力アップなるか

メルセデス・ベンツは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「GLE」改良型を開発中ですが、その頂点に君臨するハードコアモデル、AMG「GLE 63」を初めてカメラが捉えるとともに、そのコクピットも撮影に成功しました。

メルセデス AMG GLE_014
メルセデス AMG GLE 63 改良型 プロトタイプ

現行型GLE (W167/C167型)は2019年にデビュー、これが初の大幅改良となります。

フィンランドで捉えたプロトタイプは、ヘッドライトとテールライトをカモフラージュ、エクステリアはこの2箇所が集中的に新設計されると思われます。

ただし、どちらもアウトライン形状を変えることなく、内部グラフィックスが刷新されるでしょう。また後部ではLEDテールライトをつなぐラインがカモフラージュされており、クロムストリップがリフレッシュされるか、完全に削除される可能性があるほか、リバースライトがリフトゲートへ移動されているようです。

メルセデス AMG GLE_005
メルセデス AMG GLE 63 改良型 プロトタイプ

キャビン内では、スポークデザインが新設計されたフラットボトムステアリングホイールを装着、「CLS 53」と「EQS 53」と同じスタイルに変更されます。

またセンターコンソールのボタンの変更や、インフォテイメントシステムと運転支援システムのアップもみられるはずです。

現行型パワートレインは、おなじみの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力571ps・最大トルク750Nmを発揮。高性能「S」バリアントでは最高出力612ps・最大トルク850Nmまで向上していますが、パワーアップがなされるかは微妙です。

AMG GLE 63のデビューは、2022年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?