スズキが中古車のサブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を開始

■高年式の中古車が対象で、埼玉県、大阪府からスタートし、順次拡大予定

2022年1月26日(水)、スズキは新たに中古車のサブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を開始しました。

月額定額で利用できる「スズキ定額マイカー」は、クルマをもっと気軽に利用してもらいたい、という想いから設定されたサービス。税金や自動車保険料を含めて月額2万9000円(消費税込)から、スズキの中古車を利用できるサブスク(サービス)となっています。

スズキ定額マイカー
「スズキ定額マイカー」がスタート

スズキの予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」が搭載された高年式の中古車が揃っています。また、契約期間を6か月間と短めにすることで、シンプルで気軽に利用できるサービスとしています。

スズキ定額マイカー
軽自動車は、アルト、ワゴンR、アルト ラパン、スペーシア、ハスラー、エブリイワゴンが対象

取り扱い車種は、軽自動車がアルト、ワゴンR、アルト ラパン、スペーシア、ハスラー、エブリイワゴン。登録車がスイフト、ソリオ、クロスビーとなっています。

装備品は、フロアマット、ドアバイザー、ナビゲーション、ETC、ドライブレコーダー、スタッドレスタイヤ(オプション設定)で、もちろんすぐに快適なドライブを楽しむことができます。

また、申し込みから契約、登録手続きまでを専用サイト、もしくは郵便を使った非対面形式で完結することで、コロナ禍でも安心して利用可能。

なお、取扱店舗は、スズキ自販関東U’s STATION大宮中央(埼玉県)、スズキ自販関西U’s STATION枚方の2拠点で、申し込み対象者をまずは埼玉県、大阪府在住者に限定。

スズキ定額マイカー
登録車はスイフト、ソリオ、クロスビーが対象

今後、順次取り扱いを拡大する予定としています。単身赴任などの一時期利用したい人や、クルマを利用したいけれど維持費などを考えると所有までは踏み切れない、という方などにとっては、こうしたサブスクを検討する価値は大いにありそうです。

塚田 勝弘