ケンウッドから「あおり運転」に素早く反応する高性能2カメラドライブレコーダー「DRV-MR570」が新登場

■対応電源ケーブル付なら最長24時間の駐車録画が可能

GfK Japanによる調査によると、2019年のドライブレコーダーの販売動向は、購入価格の平均は1万9100円(税抜)、前後カメラや360度カメラを搭載した高機能なモデルが市場を牽引していると分析しています。

さらに、2021年8月のソニー損害保険の発表では、2021年のドライブレコーダーの装着率は43.0%となっているようです。年々着実に増えているものの、まだ半数以上は装着していない、あるいは高価格帯への買い替えニーズもあるともいえそうです。

ケンウッド DRV-MR570
ケンウッドの2カメラドライブレコーダー「DRV-MR570」

そんな中、JVCケンウッドは「ケンウッド」ブランドの2カメラドライブレコーダー「DRV-MR570」、駐車録画対応電源ケーブルが同梱された「DRV-MR575C」を2022年1月下旬より発売します。

ドライブレコーダーの新ラインアップとして、前方と後方の同時録画に対応した前後撮影対応の「DRV-MR570」は、前後2カメラに高感度CMOSセンサー「STARVIS」が搭載されています。同社独自の映像技術によるチューニングが行われているほか、スモークガラスに対応した明るさ調整機能(7段階)も用意されています。

ケンウッド DRV-MR570
ケンウッドのハイスペック2カメラドライブレコーダー「DRV-MR570」

これにより、夜間やトンネルなどの暗いシーンも明るく、鮮明な高画質映像で録画が可能としています。また、後方からの急接近を検知して自動で録画を開始する「後方急接近警告」などの運転支援機能も搭載。

あおり運転を受けた際などに、すばやく手動録画を開始できる大きな「緊急イチ押し録画ボタン」が本体底面に用意されていて、ボタンを押すだけで録画を開始。また、録画映像は、常時録画で書き換えがされないイベント記録専用のフォルダに自動的に保存されます。

また、前後2カメラに水平約131度、垂直約68度、対角約163度の広視野角レンズ、F1.8の明るいレンズが採用され、より広い範囲の録画に対応。夜間やトンネルなどの暗いシーンも明るい画質で録画できるそうです。

前後2カメラにはさらに、白とびや黒つぶれを抑制する「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」を搭載。逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明などでも安定した録画を実現。もちろん、フルハイビジョン録画に対応し、ナンバープレートや標識など、走行時の映像を細部まで高精細に録画します。

ほかにも、録画関連では、最長約42時間の長時間録画に対応。SDカードのエラーを未然に防止する「SDカードメンテナンスフリー機能」が備わるのをはじめ、高耐久で信頼性が高い「3D NAND」型32GBのmicroSDカードも付属します。拡張性も備わっています。

ケンウッド ドライブレコーダー
駐車録画用ケーブルが付く「DRV-MR575C」と、駐車録画用ケーブルが付属しない「DRV-MR570」を設定する

別売りの車載電源ケーブル「CA-DR100」を使用することで、最長24時間の駐車録画が可能です。

イグニッションオフで駐車録画機能が待機中になり、車両の衝撃を監視。車両の衝撃を検知すると、駐車録画が開始され、録画が終了すると再び監視を開始します。また、本体でタイマー設定した時間内(6時間/12時間/24時間)でも車両のバッテリーが設定した電圧を下回ると自動で駐車録画の待機を停止し、車両のバッテリーを保護する機能も付いているのでバッテリー対策の面からも安心です。

●価格
「DRV-MR570」:オープンプライス/実勢価格3万800円前後
「DRV-MR575C」(駐車録画対応電源ケーブル同梱モデル):オープンプライス/実勢価格3万1900円前後

塚田 勝弘