新型フェアレディZがもう走った!ドリフト姿に見とれちゃう!【東京オートサロン2022】

■圧倒的なパワー。スライドコントロールもやりやすい!

新型Zがもう走った!
新型フェアレディZの走行風景

1月14日、東京オートサロン2022の会場で初めて姿を現した日産「新型フェアレディZ」の日本仕様。

その発表からわずか数時間後には、ダイナミックな走行シーンまで捕えることができました。

ステージに置かれた「Z」も見事でしたが、やっぱりクルマは走ってなんぼ。カウンターを当ててパイロンをクリアするする艶姿は最高でした!

この走行は、オートサロン公式チャンネル「オートサロンTV」の収録のため、東京オートサロン2022の屋外イベント会場で行われたもの。ステアリングを握ったのは、「みんなのモーターショー」も主催するクルマ好きDJのピストン西沢さんです。

新型Zがもう走った!
「百聞は一見に如かず」とピストン西沢さんに試乗を勧める日産チーフプロダクトスペシャリストの田村宏志さん

新型フェアレディZのパワートレインについてお知らせすると、エンジンはVR30DDTT型3L・V6ツインターボ。

驚異的な走りが話題のスカイライン400Rが積んだエンジンと同じもので、最高出力405ps/6500pm・最大トルク475Nm(48.4kgm)/1600-5600rpmを発揮します。

トランスミッションは、あえて用意された6速MTとマニュアルモード付きの9速ATの2種類。後者のATはジヤトコ製で、重量軽減のためにミッションケースをマグネシウム製としています。

ちなみに走行に使われたのは、量産試作といわれる9速ATモデルでした。

走行会場には新型Zのチーフプロダクトスペシャリストである田村宏志さんも現れ、走りに対するこだわりを披露。

「(スポーツカーはドライバーのダンスのパートナーだから)電制パワステにあえてダイレクトシャフトを通すなど、FRスポーツを楽しむために必要なことを綿密にやった」と語りました。

新型Zがもう走った!
新型フェアレディZの走行風景
新型Zがもう走った!
新型フェアレディZの走行風景

その後ピストン西沢さんがドライバーズシートに座り、Zの走行を体験。2本のパイロンの間をフルカウンターで何ラップもして、21世紀のFRスポーツの走りを存分に味わっていました。

走りのフィーリングについては「エンジンは吹け上がりがスムーズで、空ぶかしをしても振動がまったく出ない。エンジンのトルクがあるのでドリフトがやりやすいし、トラクションコントロールの介入も絶妙だから、姿勢保持もしやすかった。ATはどうかと思ったが、9段もあると滑らかで、ほしいギアにすぐ入る感じ」と語り、新型Zの動的性能にほれ込んだという感じでした。

新型フェアレディZの発売は6月の予定。次は読者の皆さんご自身がハンドルを握って、ぜひともその出来栄えを味わってください。

(文:角田伸幸/写真:井上誠、角田伸幸)

この記事の著者

角田伸幸

角田伸幸 近影
1963年、群馬県のプロレタリアートの家庭に生まれる(笑)。富士重工の新米工員だった父親がスバル360の開発に立ち会っためぐり合わせか、その息子も昭和期によくいた「走っているクルマの名前が全部言える子供」として育つ。上京して社会人になるもクルマ以上に情熱を注げる対象が見つけられず、自動車メディアを転々。「ベストカー」「XaCAR」で副編集長を務めたのち、ポリフォニー・デジタルにてPlayStation用ソフトウェア「グランツーリスモ」シリーズのテキストライティングに携わる。すでに老境に至るも新しモノ好きで、CASEやパワートレインの行方に興味津々。日本ディープラーニング協会ジェネラリスト検定取得。大好物は豚ホルモン(ガツとカシラ)。