ゴードン・マレーの新型スーパーカー「T.33」、いよいよ1月27日にデビュー決定!

■英国の自動車業界でゲームチャレンジャーになると確信

ゴードン・マレー氏率いるゴードン・マレー・オートモーティブは、2021年に「T.50」を発表しましたが、それに続く新型スーパーカー「T.33」が1月27日にも発表されることが決定しました。

ゴードン・マレー T.50_002
ゴードン・マレー T.50

同社では、英国サリー州ウィンドルシャムにある新しいグローバル本社と、テクノロジーキャンパスにてT.33を開発、ここでは車両の設計、開発を行うほか、テストトラック、およびヘリテージセンターが存在、顧客への販売とサービスも処理します。

ゴードン・マレー T.50_001
ゴードン・マレー T.50

同氏は「我々の新しいスーパーカーは、英国の自動車業界でゲームチャレンジャーになると確信しています。今後2年間で本社にとって多くの重要なマイルストーンがありますが、最も重要なものの1つは1月27日です」と語っています。

T.33の詳細は明かされていませんが、ラインアップでは「T.50」の下に位置。

T.50ではコスワース製の4.0リットルV型12気筒エンジンに48Vマイルドハイブリッドが組み合わされていましたが、T.33では異なるエンジンが搭載されると予想されています。

ゴードン・マレー T.33
ゴードン・マレー T.33 ティザーイメージ

プラットフォームは、2015年東京モーターショーで公開されたヤマハ「スポーツライドコンセプト」でも採用された「iStream」カーボンプロセスを使用するため、T.50とは異なり従来の方法よりもはるかに高速に製造できるといいます。

T.50のキャビン内は、マクラーレンF1同様にドライバーシートを中央に配置、やや後方両サイドに2座席を設置する3シーターレイアウトでしたが、T.33は従来の2シーターになることなどがわかっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?