メルセデス・ベンツAクラス、現行モデル初の大幅改良へ!これが新グリルパターンだ!!

■メルセデスと吉利による共同開発マイルドハイブリッド+1.5リットル直列4気筒エンジン搭載

メルセデス・ベンツのエントリーモデル、「Aクラス ハッチバック」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツAクラス_004
メルセデス・ベンツAクラス 改良型プロトタイプ

現行「W177」型は2019年モデルとして2018年に登場、これが初の大幅改良となります。

スウェーデン北部山中にある、同社寒冷気候テストセンター付近で発見されたプロトタイプは、新しいメッシュパターンがカモフラージュ奥に見てとれ、グリル中央に電子運転支援システム用のセンサーが設置されているようです。

センサーはアップデートされたAクラスロゴと統合される可能性があります。

メルセデス・ベンツAクラス_007
メルセデス・ベンツAクラス 改良型プロトタイプ

そのほか、ヘッドライトの形状は維持されますが、内部LEDデイタイムランニングライトなどグラフィックスが刷新されます。またフロント&リアバンパー、吸気口、テールライトの内部などが変更されるはずです。

車内では、トリム類の見直し、インフォテインメントシステムのアップデートがメインとなり、エクステリアほど変化はなさそうです。

パワートレインは、最高出力163psを発揮する1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ、最高出力224psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、ディーゼルでは最高出力150psを発揮する2.0リットル直列4気筒、最高出力150ps、190psを発揮する2.0リットル直列4気筒エンジンなどがキャリーオーバーされます。

注目はルノー製1.3リットルエンジンから変更される、メルセデスと吉利による共同開発ユニットで、マイルドハイブリッド+1.5リットル直列4気筒エンジンの追加が噂されています。

Aクラス改良型は、2023年モデルとして2022年内のデビューとなりそうです。

(APOLLO)