スバルXVが一部改良。ファブリックシートと前席シートヒーターを一部グレードに標準化

■グレーメタリックの加飾を外装に配した特別仕様車「Advance Style Edition」を設定

SUBARU XV
SUBARU XV「Advance」のイメージ

2021年12月16日、コンパクトクロスオーバーSUVのSUBARU XVが一部改良を受けました。

今回の一部改良では、同モデル初のファブリックシートとフロントシートヒーターが「2.0e-S EyeSight」と「Advance」に標準装備されています。

SUBARU XV
一部改良を受けたSUBARU XVのリヤビュー

そのほかの2.0Lモデルは、運転席/助手席パワーシートとセットオプションで、1.6L仕様は本革シートとのセットオプション。

冬場のドライブをより快適にしてくれる機能装備が加わっています。

SUBARU XV
「1.6i-L アイサイト」のサイドビュー

また、1.6Lモデルのボディカラーに、「サファイアブルー・パール」を新設定。

SUBARU XV
特別仕様車「Advance Style Edition」のフロントマスク

同時に、2012年のスバルXV誕生から10周年を記念した、特別仕様車の「Advance Style Edition」が設定されました。

エクステリアはフロントグリルなど前後のディテールに、グレーメタリック塗装の専用パーツがアクセントとして配置。

SUBARU XV
「Advance Style Edition」は、ダークガンメタリックの18インチアルミホイールになる

足元の18インチアルミホイールは、ダークガンメタリック塗装でコーディネイトされています。そのほか、ローマウントタイプルーフレール(ブラック塗装)を用意。

インテリアは、光沢を抑えたブラックラスト加飾と鮮やかなイエローステッチのコントラストにより、引き締まった印象に仕立てられています。

シートは、トリコット/トリコット+合成皮革シートで、ブラックラスト塗装ベゼル、イエローステッチの本革巻ステアリングホイールも備わります。

SUBARU XV
特別仕様車「Advance Style Edition」の内装

さらに、先進安全装備も充実していて「アイサイトセイフティプラス(運転支援)」として「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」の「フロント&サイドビューモニター」も搭載されています。

SUBARU XV
一部仕様にシートヒーターを標準化

●価格
・SUBARU XV:220万円〜301万4000円
・SUBARU XV 特別仕様車「Advance Style Edition」:291万5000円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。