メルセデスSUVの頂点「マイバッハ GLS」改良型を初スクープ!

■LEDテールライトに、現行モデルにはない白いセクション発見

メルセデス・ベンツは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「GLS」改良型を開発していますが、その頂点に君臨する最高級モデル「マイバッハ GLS」の市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

メルセデス マイバッハ GLS_001
メルセデス マイバッハ GLS 改良型 プロトタイプ

初代GLSは2015年に登場、マイバッハ版は2019年に発売された第2世代で初めて設定されており、これが初の大幅改良となります。市販型では最新の状態を維持し、最新のSクラスに並ぶよう視覚的アップデートがなされます。

メルセデス マイバッハ GLS_004
メルセデス マイバッハ GLS 改良型 プロトタイプ

シュトゥットガルトで捉えたプロトタイプを正面から見ると、グリル上部に黒いテープがみられる程度で何も変わっていないように見えます。

おそらく、開発が非常に初期の段階であるようで、今後ヘッドライトをはじめ、グリル、バンパーなどがリフレッシュされるはずです。

唯一、テールゲートとライト周りがカモフラージュされていますが、テールライトをよく見ると、現行モデルにはない白いセクションがあり、グラフィックが刷新されている様子が伺えます。

キャビン内では、Sクラス新型と同じ3本スポークのステアリングホイールを装備。デジタルインストルメントクラスターと最新バージョンのMBUXシステムを備えた、センタータッチスクリーンが新しいグラフィックスを取得すると噂されています。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをキャリーオーバー。最高出力550ps・最大トルク729Nmを発揮しますが、EQブーストにより、22psと250Nmのトルクが追加されます。動力パフォーマンスでは0-100km/h加速4.8秒、最高速度は北米で209km/hに制限されますが、ヨーロッパでは250km/hを発揮します。しかし、改良型では若干の改善がみられるかもしれません。

マイバッハGLS改良型のデビューは、開発初期段階を考慮すると2023年あたりになると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?