ポルシェ カイエン改良新型のニュル高速テストを目撃!新グレードに注目!

■フラッグシップの下に「S E-ハイブリッド」が新設定の可能性

ポルシェは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「カイエン」改良新型を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ カイエン_001
ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ

初代カイエンは2002年に発売、2010年の2代目を経て現行型は2018年に登場しており、これが初の大幅改良となります。ニュル高速テストで捉えたプロトタイプは、スリムに改良されるヘッドライトをテープで偽装、内部はグラフィックが変更されるはずです。

そのほか、ボンネットフード、エアインテークやフロントバンパーなどを新設計、後部ではLEDストリップテールライトが改良されるほか、ナンバープレートがテールゲートからリアバンパーに移動されていることも確認できます。

ポルシェ カイエン_011
ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ

パワートレインに関しては、現行ラインアップがキャリーオーバーされると思われますが、新しいプラグインハイブリッドが予想されています。「パナメーラ」は昨年のフルモデルチェンジ時にベースの「E-ハイブリッド」とフラッグシップの「Turbo S E-ハイブリッド」の間を埋める「S E-ハイブリッド」が新設定されており、カイエンでもラインアップが強化される可能性がありそうです。

ニュルで目撃したプロトタイプが、新PHEVかどうかは不明ですが、大型ボディを感じさせない加速やコーナーリングが見られたといいます。

キャビン内では、センターコンソールは新設計され、シフトまわりは最新992世代の「911」にみられるものと同様のデザインになります。また現在のアナログタコメーターからフルデジタルインストルメントクラスタに刷新。その横には、より大型の新タッチスクリーン、アップデートされた通気孔などが配置されるなど、エクステリア以上の大刷新が見られそうです。

カイエン改良新型のワールドプレミアは、最速で年内ですが、2022年初頭が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?