中国自動車道・鹿野SA(上り)は人と御ワンコが森林浴を楽しめる「森の中のドッグラン」【高速道路サービスエリア・ドッグラン探訪】

■山口県初のドッグランとして2007年にオープン

2匹のミニチュアダックスフンドと暮らすライターが、マイカーのMINIで足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介!今回は中国自動車道・鹿野(かの)SA(上り)です。

鹿野サービスエリア02
鹿野サービスエリアの店舗外観

鹿野SA(上り)は、山口県周南市に位置する中国自動車道自動車道にあるサービスエリアで、ドッグランは24時間利用可能となっています。

上り線のみ設置されているドッグランは、2007年9月14日に山口県内で初のドッグランとしてオープン。山間部にある緑豊かなサービスエリアの特徴を生かして「森の中のドッグラン」をテーマに、広いフィールドで森林浴も楽しみながら愛犬と一緒に遊ぶことができます。

鹿野サービスエリア03
店舗入口横におやつを販売

店舗の出入口の一画に、ワンコのおやつ販売を発見! 定番のジャーキーやクッキーに加えて、もみじ饅頭もあるのは驚き! おまけに、おしゃべりしながら動く犬のぬいぐるみもあるというユニークな品揃えになっているので必見です(笑)。

お目当てのドッグランは、レストランやショップがある建物の右側から入る遊歩道を奥に進んだところにあります。クルマを停める際には、出口寄りに停めたほうがアクセスしやすいです。また、ワンちゃんの看板もあるので迷うことなくたどり着けます。

鹿野サービスエリア05
広いだけでなく、24時間利用できる
鹿野サービスエリア04
案内版があるので迷わない

駐車場に面したドッグランが多い中、ここは敷地内でも奥まった自然豊かなエリアにあるので貴重! さらに約600m2と広々としているのも嬉しいポイントです。

ドッグランに入らなくても水道施設とリードフックがあるので、ドッグランを利用しないワンコでも手足を洗ったりお水を飲んだりできます。

鹿野サービスエリア06
水道はドッグランの外に設置
鹿野サービスエリア07
ドッグラン内の水飲み場にはシャワーも設置

ドッグランのエリア内には、広々とした水飲み場が設置されています。シャワーもあり、地面はコンクリートになっているので、ワンコや飼い主さんの手足が汚れることなく利用できます。さらにきれいな水飲みボールも置いてあって◎。

鹿野サービスエリア08
ゴミ箱は小さめ
鹿野サービスエリア10
芝はキレイに刈り込まれている

水飲み場のフェンスに面して、排泄物ボックスが設置されています。家庭用のプラスチック製の小さめのゴミ箱を流用した感じで、清潔感はもうひとつ。

鹿野サービスエリア09
なだらかな傾斜が気持ち良さそう

広々としたフィールドは、なだらかな傾斜があり、ワンコも気持ちよく走れそう。地面の芝生もきれいに刈られていて、メンテナンスも充分に施されていることがわかります。周囲は樹木も豊富なので木陰部分も充分にあり、飼い主さんにとっても快適な場所です。

鹿野サービスエリア11
ドッグランの脇にはテーブル付きのベンチがある
鹿野サービスエリア12
敷地の至る所にベンチとリードフックがある

ドッグランのすぐそばに、テーブル付きのベンチを設置。木陰も確保されているので、ここでワンコと一緒にピクニック感覚でランチもできそうです。

鹿野SA(上り)は、ドッグラン以外にも敷地内には各所にリードフック付きのベンチもあり、ドッグフレンドリー感満載なスポットといえます。

松やクヌギなど緑に囲まれ自然情緒あふれたサービスエリアなので、ワンコと一緒に森林浴をしながらリフレッシュしてドライブしましょう。

【関連リンク】

NEXCO西日本  鹿野SA上り線
https://www.w-holdings.co.jp/sapa/2165.html

(文:高市 智子/写真:萩原 文博)